あなたにぴったりのクレジットカードを見つけよう

クレジットカード

日常生活を快適に過ごすために1枚は欲しいクレジットカード。

あなたも「最低1枚は手に入れておきたい!」と考えているのではないでしょうか?

実際にインターネットなどで色々と調べてみる分かると思いますが、非常に多くの種類のクレジットカードが存在しています。

国内で発行できるカードだけでも1,000種類以上にのぼります(驚)

もちろんそれぞれのカードには異なる特徴・スペックを有しているため、選び方を間違えてしまうと、年会費だけ支払って全然使用しないという事態になる恐れもあります。

そのようなことにならないように、当サイトではあなたにぴったりのクレジットカードを見つけるためのサポートをしています。

どのカードを申し込めばよいのか悩んでいるのであれば、ぜひ当サイトを有効活用して下さい。

 

クレジットカードの賢い選び方

女性

クレジットカードにさまざまな機能が備わっていますが、その中でも基本となる選び方は下記の4点に絞られます。

年会費

年間利用額

ポイントサービス

優待店(特約店)

 

年会費

まずはクレジットカードの年会費を確認しましょう。

クレジットカードの年会費は無料のものから数万円するものまで実にさまざまです。

年会費

一般的には年会費が高額になればなるほど、受けられるサービスも充実していく傾向があります。

しかし、最近では年会費無料や年会費が少額なカードでも、基本的なスペックを備えているカードも増えています。

初めてカードを作ろうと考えている方はいきなり年会費が高額なカードに申し込むのではなく、年会費無料や年会費が1,000円程度のカードを申し込むことをおすすめします。

そして一定期間使用してみて、利用できるサービスが物足りないと感じた場合に、ゴールドカードなどにステップアップしていくようにしましょう。

 

【年会費無料のカード】

楽天カード
楽天グループでの買い物でポイントがどんどん貯まる!
オリコカード ザ ポイント
ポイント還元率も高いお得なカードです
VIASOカード
貯まったポイントをキャッシュバックができる便利なカード

 

年間利用額

あなたがクレジットカードを所有した際に、年間でどれくらいの金額を利用するのかを大まかにシミュレーションしましょう。

年間利用額

大半のクレジットカードは年間の利用額に応じてボーナスポイントを付与してくれたり、さまざまな優遇サービスを受けられる仕組みになっています。

そのため、あなたが年間を通じてどれくらいの金額を利用するのかを把握しておくことで、利用するクレジットカードの優遇サービスを受けられるのかを判断することができます。

クレジットカードの利用方法は実に多様なので、あなたの工夫一つで年間利用額を増やすことができます。

例えば、ネットショッピングなどで利用するだけでなく、月々の携帯料金やガス、電気、水道代などの公共料金をカード決済にすることで年間利用額を積み上げることが可能です。

 

ポイントサービス

クレジットカード初心者の方はポイント還元率だけで判断して申し込む傾向がありますが、あなたはこのような行為は絶対にやらないでください。

ポイントは還元率だけでなく、ポイントの使い途もしっかりと確認しておきましょう。

ポイント

いくらたくさんポイントを貯めたとしても、使い途がなければ意味がありません。

理想としては、ポイントをキャッシュバックできたり電子マネーに交換できるなど、できるだけ現金に近い形で利用できるカードを探しましょう。

その他に日頃から利用しているネットショップや携帯電話のポイントを移行できたり、マイルに移行できるものもおすすめですね。

 

【ポイントがどんどん貯まるカード】

Yahoo! JAPANカード
Tポイントがどんどん貯まるカード
楽天カード
楽天ポイントがどんどん貯まるカード
dカード
dポイントがどんどん貯まるカード

 

優待店(特約店)

特定の店舗でカード決済をすることでお得な割引優待を受けられたり、ポイント付与率がアップするクレジットカードも存在します。

また、その店舗以外にも系列店でも優待サービスを受けられるケースもあります。

優待店

例えば、楽天カードやイオンカードなどが挙げられます。

クレジットカードを利用している方の中には、このような優待サービスを受けるためだけにカードを申し込む方もいます。

但し、中には年会費が発生するカードも存在するため、そのような場合はしっかりと元が取れるかどうかを判断してから申し込むようにしてください。

 

メインカードとサブカード

クレジットカード

クレジットカードを所有している方の中には1枚だけでなく、複数のカードを所有している方も意外と多いです。

複数のカードを利用する場合は一番利用頻度の高いカードを『メインカード』、そしてたまに利用するカードを『サブカード』と位置づけます。

ちなみに1枚しか所有していない場合は、必然的にその1枚が『メインカード』となります。

クレジットカードを複数所有する場合は、それぞれ異なるサービスを受けられるカードを組み合わせることがポイントです。

メインカードの選び方は上記で紹介した4つの項目を重視します。

一方のサブカードは、よく使う店舗から発行されていたり、特定の状況でポイント付与率や割引率がアップするカードが候補となります。

その他には電子マネーのチャージなどでポイントが貯められたり、旅行傷害保険やショッピング保険、ロードサービス、空港ラウンジが利用できるなどのメインカードでは利用できないサービスを補完する目的で申し込むようにしましょう。

 

【1枚あれば安心!メインカード】

三井住友VISAクラシックカード
安心・信頼のVISAブランドが使える
JCBカード
ステータス性があるJCBのプロパーカード
VIASOカード
Suica、定期券、クレジットカードが1枚に集約

 

入会キャンペーンを上手に活用する

入会キャンペーン

クレジットカードの中には入会キャンペーンを実施しているものも多いです。

例えば、入会時にポイントを付与してもらえたり、キャッシュバックしてもらえるカードも登場しています。

中には最大10,000円分のキャッシュバックや最大30,000マイル相当がもらえるキャンペーンを実施しているクレジットカードも存在します(驚)

入会キャンペーンは期間限定になっているケースが多いので、あなたが利用したいカードがキャンペーンを実施している場合はぜひ申込みを積極的に検討して下さい。