セブンカード・プラスは電子マネーnanacoとの組み合わせでポイントがお得に貯まります

セブンカード・プラス
誰でも
【セブンカード・プラスの主な特徴】

  • nanacoポイントがどんどん貯まる
  • セブン&アイグループの対象店でお得にポイントが貯まる
  • 初年度の年会費は無料
  • 電子マネーnanacoの利用でポイントの二重取りができる
  • 電子マネーQUICPayも使える
  • 最短1週間でカードが到着する

 
【基本スペック】

国際ブランド JCBVISA
年会費 初年度無料(2年目以降は500円)
発行スピード 最短1週間でカード到着(オンライン口座設定をした場合)
ポイント付与率 200円毎に1pt(nanacoポイント)
電子マネー nanacoQUICPay

 

nanacoポイントがどんどん貯まる

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスでショッピング利用をすると、nanacoポイントが貯まります。

利用金額200円(税込)毎に1ptのnanacoポイントが貯まる仕組みになっています。

 

セブン&アイグループの対象店ならポイントが2~3倍

セブンカード・プラスはセブン&アイグループから発行されているクレジットカードなので、セブン&アイグループの対象店で優遇されるメリットがあります。

例えば、セブン-イレブンやイトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズでカード利用をすると、200円(税込)毎に3ptのnanacoポイントが貯まります。

セブンカード・プラス

 
さらに7net shoppingや、SEIBU・SOGO、アリオでカード利用をすると、200円(税込)毎に2ptのnanacoポイントが貯まります。

セブンカード・プラス
その他の店舗でカード利用するよりもポイントが2~3倍も貯まるので、ポイントをどんどん貯めたいと考えているなら、できるだけセブン&アイグループの対象店で買い物をするようにしましょう。

 

nanacoボーナスポイントが貯まる

セブンカード・プラス

nanacoポイントでは、定期的にセブン-イレブンボーナスポイントキャンペーンが開催されています。

このキャンペーン期間中に対象商品を購入すると、通常ポイントに加えてボーナスポイントがプレゼントされます。

セブン-イレブンボーナスポイントキャンペーンが開催されているのはセブン-イレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートです。

食品やお菓子、ドリンク、雑貨などが対象商品となっているので、買い物をする前にどの商品が対象商品になっているのかを確認するようにすると、ポイントが貯まりやすいですね。

 

累計ボーナスnanacoポイント

nanacoポイントでは、年間の累計金額に応じてボーナスポイントが貰えます。

当年4月から翌年3月末までの期間において、イトーヨーカドーとヨークマートでカード利用(クレジット決済・カード提示による現金払い)をすると、累計ポイント対象金額に応じて累計ボーナスnanacoポイントが付与されます。

例えば、累計ポイント対象金額(税抜)が100万円に達すると、3,000ptのnanacoポイントをゲットできます。

セブンカード・プラス
累計ポイント対象金額は、対象店を利用した際のレシートに記載されているので、レシートから確認することができます。

 

電子マネーnanacoにチャージすることでもポイントが貯まる

nanaco

セブンカード・プラスは、電子マネーnanacoとの相性が非常に良く、セブンカード・プラスで電子マネーnanacoにチャージをすることでもしっかりとポイントが貯まります。

電子マネーにチャージに対応しているクレジットカードは多いですが、チャージ分の金額がポイント加算されるカードは意外と少ないです。

その点、セブンカード・プラスなら、しっかりとチャージ分のポイントが付与されるので安心して利用することができます。

電子マネーnanacoへのチャージ200円毎に1ptのnanacoポイントが付与されます。

そして、電子マネーnanacoでの支払い時にも、100円(税抜)毎に1ptのnanacoポイントが付与されるので、実質200円毎に3ptのnanacoポイントをゲットできる計算になります。

 

セブンカード・プラスでクイックペイが使える

クイックペイnanaco

セブンカード・プラスで電子マネーnanacoが利用できることは既に上記でも紹介しましたが、さらにQUICPay(クイックペイ)も利用することができます。

電子マネーnanacoとクイックペイを一体化させる(クイックペイnanacoを利用する)ことで、事前にチャージする必要がなくなるだけでなく、nanacoポイントもしっかりと付与されます。

また、紛失時の保険も適用されるので安心して使用することができます。

 

利用店舗が拡大する

クイックペイに参加している店舗は年々拡大しています。

そのため、クイックペイnanacoを搭載することで、全国にある主要店舗の大半で利用することが可能になります。

例えば、イオンモールで買い物をする場合にnanacoを使用することはできませんが、クイックペイは利用可能となっています。

 

nanacoポイントの使い方

ポイント

セブンカード・プラスで貯まったnanacoポイントは、さまざまな用途で利用することができます。

 

電子マネーnanacoと交換

nanaco

セブンカード・プラスで貯まったポイントは、電子マネーnanacoに交換することもできます。

1pt(nanacoポイント)⇒1円(電子マネーnanaco)に交換可能です。

電子マネーnanacoは、nanaco加盟店で利用することができます。

セブン&アイグループの店舗はもちろんですが、それ以外にもマクドナルドやドミノピザ、ミスタードナツ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、キリン堂、ラウンドワン、ヤマト運輸などのさまざまな店舗・サービスで利用できます。

電子マネーnanaco

 

オムニ7での買い物

オムニ7

オムニ7のウェブサイトでカード決済をした際に、1pt⇒1円として支払い時に使用することができます。

オムニ7とはセブン&アイの総合通販サイトのことで、西部やそごう、イトーヨーカドー、赤ちゃん本舗、LOFTなどが出店しています。

本・雑誌、CD・DVD、ファッション、コスメ、食品など幅広い商品が取り揃えられています。

 

ANAマイルと交換

ANAマイル

nanacoポイントはANAマイルやANA SKYコインと交換することもできます。

ANAマイルの場合は500pt(nanacoポイント)⇒250マイル、そしてANA SKYコインの場合は500pt(nanacoポイント)⇒500コインと交換可能です。

そのため、日頃からANAの航空機に搭乗するする機会が多い方にもおすすめのクレジットカードだと言えますね。

 

nanacoポイントの有効期限

当年4月から翌年3月末までに獲得したnanacoポイントは、翌々年の3月末まで利用することができます。

そのため、有効期限内にnanacoポイントを使用しなかった場合は、ポイントが失効されるので気を付けて下さい。

nanacoポイントの有効期限

 

毎月8の付く日はイトーヨーカドーで5%オフ

イトーヨーカドーで5%オフ

セブンカード・プラスでは、毎月8が付く日(8日・18日・28日)に全国のイトーヨーカドーにおいて、食料品や衣料品、住まいの品をカード決済で購入することで、ほとんど全品が5%割引になります。

日頃からイトーヨーカドーで買い物をする機会が多い方は、セブンカード・プラスを利用することで毎月お得に買い物をすることができます。

大半の商品が5%割引の対象となっているので非常に使いやすいです。

 

初年度の年会費は無料

初年度の年会費無料

セブンカード・プラスなら入会した初年度の年会費が無料になります。

2年目以降の年会費は500円(税込)となっていますが、前年度のクレジットショッピングの支払い合計金額が年間5万円以上の場合は無料となります。

つまり毎月4,200円のカード利用することでクリアできる低い水準となっています。

セブンカード・プラスは公共料金の支払いも可能なので、携帯電話料金や電気・ガス・水道代などをカード決済することで簡単にクリアすることができます。

 

ショッピングガード保険が付いている

セキュリティ

セブンカード・プラスにはショッピングガード保険(海外)が備わっています。

海外旅行においてカード決済で購入した商品が、偶然の事故(破損や盗難など)で被った損害を補償してもらえるサービスです。

補償してもらえる年間補償限度額は最高100万円で、自己負担額(1事故につき)1万円で設定されています。

ショッピングガード保険が適用される期間はカード決済で購入した日から90日間となっています。

海外旅行先で思わぬアクシデントに見舞われたとして、ショッピングガード保険が備わっているので安心です。

 

JCBプラザコールセンターを利用できる

さらに申込時にJCBを選択した場合は、JCBプラザコールセンターを利用することができます。

JCBプラザコールセンターとは、海外旅行中に事故や緊急トラブルに見舞われた際に電話で相談できるサポートサービスのことです。

例えば、クレジットカードやパスポートを紛失したり、盗難に遭った場合、さらには事故に遭った場合などにも日本語、もしくは英語で親切にサポートしてくれます。

JCBプラザコールセンターは年中無休で24時間いつでも対応してくれます。

そのため、海外で事故や緊急トラブルに見舞われた際に日本語でサポートを受けたいと考えているなら、セブンカード・プラスの申込時に国際ブランドの項目でJCBを選択するようにしましょう。

 

セブンカード・プラス ゴールド

セブンカード・プラス ゴールド

セブンカード・プラスで頻繁にショッピング利用をしている方は年間の利用金額が一定の水準をクリアした方に対して、セブンカード・プラス ゴールドを入会を提案してもらえます。

セブンカード・プラス ゴールドに入会すると、上述しているショッピングガード保険がさらに充実します。

海外だけでなく、国内で購入した商品に関してもショッピングガード保険が適用されます。

保険が適用される金額は年間100万円まで、自己負担額(1事故につき)が5千円に設定されます。

 

インビテーションが受けられる基準

セブンカード・プラス ゴールドは一般募集が行われていません。

所定の条件をクリアした方にのみインビテーションが届く仕組みになっています。

インビテーションが届く基準に関しては公表されていません。

ネット上の口コミ情報などを調査すると、大まかな基準が分かってきました。

大体年間100万円以上のショッピング利用をしていて、かつ支払い遅延などのない優良会員の方にインビテーションが届いているようです。

年間100万円と聞くとハードルが高いように感じますが、月換算で約8万3千円ほどのカード利用でクリアできる水準です。

携帯電話料金やインターネットプロバイダ料金、さらには電気・ガス・水道代などの公共料金の支払いをカード決済するだけでも結構な金額になります。

そう考えると、決して不可能な基準ではないことが分かると思います。

 

年会費無料でずっと所有できる

もちろんセブンカード・プラス ゴールドのインビテーションを受けるために、無理にカード利用をする必要はありません。

しかし日頃からカード利用をする機会が多い方は、毎月の携帯電話や公共料金の支払いをセブンカード・プラスで決済をすることでインビテーションを受けられる道が見えてきます。

セブンカード・プラス ゴールドは年会費無料となっていて、一度手に入れたら翌年の利用金額に関係なくずっと継続使用することができます。

 

セブンカードからの切り替えができる

セブンカード

セブンカードからセブンカード・プラスへの切り替えも可能です。

従来のセブンカードとセブンカード・プラスの大きな違いは、電子マネーnanacoが利用できるかどうかです。

セブンカード・プラスで貯まったnanacoポイントは電子マネーに交換することで、全国約21万店舗も存在するnanaco加盟店で利用することができます。

そのため、従来のセブンカードと比較して獲得したポイントの使用範囲が大幅にアップするメリットがあります。

さらにセブンカード・プラスから電子マネーnanacoにチャージするだけで、200円毎に1ptのnanacoポイントが貯まるので、ポイントが貯まりやすいカードとなっています。

 

セブンカード・プラスへの切替特典

セブンカード・プラスへの切替特典

セブンカードからセブンカード・プラスへ切り替えると、漏れなく500ptのnanacoポイントがプレゼントされます。

ポイントはカード到着後、約1週間程度で加算されます。

電子マネーnanacoを使ってお得にポイントを貯めたり、さまざまな店舗で有効活用したい場合はぜひセブンカード・プラスへの切り替えを検討して下さい。

【切替手続きの際の注意点】

・セブンカード番号は引き継がずに新しいカード番号が発行されます
・セブンカードに貯まっているポイントは、自動的にはセブンカード・プラスに引き継がれません
・セブンカードの利用期限はカード台紙記載日付の2ヶ月後となります

 

支払い名人には気を付けよう

支払い名人

セブンカード・プラスの支払い方法は、一括払いと2回払い、ボーナス1回払い、リボ払い、分割払いの5種類が用意されています。

この中で特に気を付けてもらいたいのがリボ払いです。

セブンカード・プラスでは「支払い名人」というサービスで展開しています。

リボ払いは毎月の支払金額をこちら側で設定できる便利な支払い方法なのですが、支払いきれなかった金額は翌月以降に繰り越されます。

 

手数料が上乗せされる

単に翌月以降に繰り越されるだけなら良いのですが、その金額に手数料が上乗せされる仕組みになっています。

手数料は実質年率15.0%に設定されていて、結構大きな金額になります。

毎月の支払金額を低く設定すると、毎月の負担が少なくなるメリットがある一方で、手数料が上乗せされることで、最終的に支払わなければいけない合計金額がどんどん大きくなってしまうというデメリットがあります。

支払金額が大きく膨れあがってしまうことで、債務整理手続きをしなければいけない事態に陥る方も実際に存在します。

そのため、クレジットカードを利用する場合は、できる限り手数料がかからない一括払いで支払うことをおすすめします。

 

セブンカード・プラスをおすすめできる方

おすすめ
セブン-イレブンやイトーヨーカドーで買い物をする方

電子マネーを利用する方

年会費無料のカードを探している方

 

セブン-イレブンやイトーヨーカドーで買い物をする方

セブンカード・プラスは、セブン&アイグループでお得にポイントが貯まるクレジットカードです。

セブン‐イレブンやイトーヨーカドー、デニーズ、ヨークマートでカード決済をすると、利用金額200円(税込)毎に3ptのnanacoポイントが貯まったり、ボーナスポイントも獲得することができます。

もちろんその他のJCBやVISA加盟店でも利用できますが、セブン&アイグループで買い物をするよりもポイント付与率は劣ります。(利用金額200円毎に1ptを付与)

そのため、日頃からセブン-イレブンやイトーヨーカドーで買い物をする機会が多いや、nanacoポイントを貯めている方に使ってもらいたいカードだと言えますね。

 

電子マネーを利用する方

セブンカード・プラスは電子マネーnanacoにも対応しています。

電子マネーnanacoにチャージするだけでポイントが貯まる仕組みになっているので、ショッピング時に電子マネーを利用することでポイントの二重取りが可能になります。

nanacoオートチャージを利用することで、支払後の残高が設定金額未満の場合に自動でセブンカード・プラスからチャージすることができて使いやすいです。

さらにクイックペイnanacoを設定することで、nanacoに加盟している店舗だけでなく、クイックペイに加盟している店舗でも利用可能となり、電子マネーが使えるシーンが大幅に拡大します。

電子マネーを利用する機会が多い方はもちろんですが、これから電子マネーを使おうと考えている方にもおすすめの1枚となっています。

 

年会費無料のカードを探している方

初年度の年会費は無料になっていますが、2年目からは500円(税込)の年会費がかかります。

しかし、前年度のクレジットカードショッピングにおける支払い合計金額が5万円以上の場合は無料となります。

クレジットカードショッピングには携帯電話料金やインターネットプロバイダ料金、電気・ガス・水道などの公共料金の支払いも対象となるので、これらの支払いをカード決済するだけで簡単にクリアすることができます。

実質年会費無料で利用できるので、クレジットカードの利用にお金をかけたくない方にも使ってもらいたいですね。

 

セブンカード・プラスの作り方

申込み

セブンカード・プラスは公式サイト内に設置されている申込みフォームから申し込むことができます。

オンライン入会申込みでは、『nanaco一体型』と『nanaco紐付型』のどちらかを選択して下さい。

電子マネー機能を搭載したい場合は『nanaco一体型』を選択しましょう。

記載されている規約を確認して同意した後、必要事項を入力して下さい。

【申込時に必要なもの】

・本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)
・収入証明書(キャッシングサービス希望で、収入がある方)
・学生証(学生の方のみ)

 

審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて入会審査が実施されます。

気になる審査基準ですが、社会人以外にも専業主婦や学生でも申し込めるので、それほど厳しくはないと言えます。

審査基準となるのは本人、もしくは両親やパートナー(旦那さん)に安定した収入があるかどうかが大きなポイントになると推測できます。

また、クレヒス(クレジットヒストリー)にキズが付いていないことも審査では重要になります。

クレヒスとは、クレジットカードやカードローンの信用情報のことで、過去にカード利用をしていて支払い遅延などの問題を起こした場合はCICやJICCという信用情報機関にその情報が残る仕組みになっています。

普通に仕事をしている方はもちろんですが、専業主婦や学生でも家族の中に安定した収入がある方がいれば審査に通る確率が高いです。

あまり神経質にならず気楽に申し込んで下さい。

 

本人確認・在籍確認

一般的なクレジットカードでは、審査の一環で本人確認・在籍確認が実施されます。

しかし、セブンカード・プラスでは本人確認や在籍確認が行われないケースも報告されています。

申込み内容に不備があったり、勤務先情報などが不十分な場合や不審に感じた場合は確認の電話があることもあります。

ネット上の申込み者の体験談を調査したところ、基本的には本人確認・在籍確認は実施されないみたいですね。

 

カードの発行

無事に審査を通過すると、通常2~3週間でカードが自宅に届きます。

支払い口座をオンライン口座設定をした場合は最短1週間で届きます。

 

この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪