アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)のメリットや作り方を解説

アメリカン・エキスプレス・カード
社会人におすすめ
【アメックスの主な特徴】

  • ステータス性のあるクレジットカード
  • 旅行関連のサービス・特典が充実
  • 年会費は12,000円+税
  • プロテクションも万全
  • 電子マネーやアップルペイも利用できる

 
【基本スペック】

国際ブランド amex
年会費 12,000円(税別)
発行スピード 申込みから約7~10日程度でカード到着
ポイント付与率 100円毎に1pt(メンバーシップ・リワード)
電子マネー QUICPayEdyモバイルSuicaスマートICOCA

 

ステータス性があるカード

ステータスが高いカード

アメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックスカード)は、7大国際ブランド(DinersClub、AmericanExpress、MasterCard、VISA、JCB、Discover Card、銀聯)の中に含まれる世界的にも有名なクレジットカードです。

その中でもダイナースクラブカードをアメックスの双方は、特にステータス性があるカードとして知られています。

つまり、アメックスのクレジットカードを所有しているだけで、その所有者が高く評価されるケースが多いです。

 

アメックスのプロパーカード

一般的にアメックスは、アメックス社が発行しているプロパーカードと、提携先のクレディセゾンや三菱UFJニコスなどから発行している提携カードが存在します。

アメリカン・エキスプレス・カードは当然アメックス社から発行されているプロパーカードなので、非常にステータス性が高いです。

その一方で、提携カードのアメックスはプロパーカードと比較してスタータス性が低くなります。

 

ポイントが貯まりやすい

メンバーシップ・リワード

アメリカン・エキスプレス・カードでは、カード利用代金100円毎に1pt(※ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」)が貯まる仕組みになっています。

そして、ポイントの有効期限は通常最大3年間となっています。

日常生活におけるカード利用はもちろんですが、旅行先などでもしっかりとポイントを貯めることができます。

また、電気やガスなどの公共料金の支払いにも利用することができますが、ポイント付与率が低くなり、200円毎に1ptとなります。

利用代金100円からポイントが発生するので、少額のカード利用でもポイントが貯まるのが嬉しいですね。

 

ぐるなびのネット予約でもポイントが貯まる

ぐるなび

ぐるなびのネット予約対象店舗に予約をして来店することでも、アメックスのポイント「メンバーシップ・リワード」が貯まります。

ネット予約の対象サービスは『ぐるなびネット予約』『ぐるなび スーパーらくらく幹事さん』『こちら秘書室』です。

来店月月末から60日以内を目安にポイントが付与されます。

 

対象提携店舗ならポイントが最大10倍

ボーナスポイント・パートナーズ

ボーナスポイント・パートナーズの提携店においてカードを利用するだけで、メンバーシップ・リワードのポイントが通常より多く貯まります。

レストランやショッピング、レジャー施設、トラベル等の対象提携店でカードを利用すると、ポイントが2~10倍にアップします。

QUICPay、楽天Edy、Suicaなどの電子マネーを使って決済をした場合は対象外となるので注意をして下さい。

 

ポイントの使い方

ポイント

アメックスの利用で貯まったポイントは『ポイントフリーダム』というサービスを利用して、さまざまな使い途が用意されています。

『ポイントフリーダム』の使い方を紹介している動画がアップされていたので、下記に掲載しておきます。

 

 

支払に充当する

カード利用後の支払代金に対して、貯まっているメンバーシップ・リワードのポイントを充当することができます。

まずはカードの利用内容に応じて、所定の換算レートで利用したいポイント数を設定します。

そして、ポイント交換分の合計金額が次回の請求金額から差し引かれる仕組みになっています。

【換算レート】

1pt⇒0.3円(最少使用可能ポイント:3,000pt)

 

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると優遇されます

メンバーシップ・リワード・プラス

メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、換算レートがお得になったり、ポイントの有効期限が無期限になります。

航空会社やホテル・旅行代理店などのカード利用で換算レートが優遇されます。

カードの利用内容 換算レート
航空会社 1pt⇒1.0円
ホテル・旅行代理店 1pt⇒0.8円
旅行関連以外 1pt⇒0.5円

 

メンバーシップ・リワード・プラス参加登録費は3,000円+税(年間/2年目以降自動更新)が必要ですが、カード利用が多い方は十分にペイできるので、登録を検討してみて下さい。

 

オンライン予約に利用する

『アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン』のウェブサイト内でメンバーシップ・リワードのポイントを利用することで、ホテルやレンタカー、海外航空券のオンライン予約ができます。

また、カード払いとポイントとの併用も可能です。

特にホテルとレンタカーを予約する場合は『アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン』を利用することをおすすめします。

通常の100円毎に1ptが貯まりますが、さらにボーナスポイントとして1ptが追加されます。

つまり100円毎に2ptのメンバーシップ・リワードが貯まって大変お得です。

 

マイルへの移行

マイルへの移行

ANAマイレージクラブやデルタ航空 スカイマイル、タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス、シンガポール航空 クリスフライヤー、SAS ユーロボーナス、アジアマイルなどと交換することもできます。

【主なマイルの換算レート】(※最少移行ポイント:2,000pt)

マイル名 換算レート(アメックス⇒マイル)
ANAマイレージクラブ 2,000pt⇒1,000マイル
デルタ航空 スカイマイル 2,000pt⇒1,000マイル
タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス 2,000pt⇒1,000マイル
シンガポール航空 クリスフライヤー 2,000pt⇒1,000マイル
SAS ユーロボーナス 2,000pt⇒1,000マイル
アジアマイル 2,000pt⇒1,000マイル

 

他社ポイントへの移行

他社ポイントへの移行

楽天スーパーポイントやTポイント、スターウッドホテル&リゾート スターウッド プリファード ゲスト、ヒルトンオナーズのポイントにも交換できます。

ポイント名 換算レート(アメックス⇒他社) 最少移行ポイント
楽天スーパーポイント 300pt⇒100pt 3,000pt
Tポイント 300pt⇒100pt 3,000pt
スターウッドホテル&リゾート スターウッド プリファード ゲスト 2,000pt⇒330pt 2,000pt
ヒルトンオナーズ 2,000pt⇒1,250pt 2,000pt

 

アイテムと交換する

アメリカン・エキスプレスのオリジナルアイテムや季節限定アイテム、商品券などと交換することもできます。

【オリジナルアイテム】
携帯ストラップ、パスケース、小銭入れ、ネームタグ、カードケース、名刺入れ、札入れ、パスポートケースなど

【クーポン・商品券】
Dinos、WebMoney、イケア、サルヴァトーレ フェラガモ、ジョルジオ アルマーニ、ユナイテッドアローズ、モスバーガー、全国百貨店共通券など

 

ポイントで支払う

アメックスなら特定の店舗において貯まったポイントで支払いができます。

日本旅行や高島屋、ヨドバシカメラ、さらにはオンラインショップ『American Express SafeKey』で利用可能です。

『American Express SafeKey』には、マルイのネット通販サイト『web channel』やBUYMA、BELLE MAISONなどが参加しています。

 

快適に旅行が楽しめる

旅行

アメックスなら、旅行の出発や乗継ぎ時間、さらには海外旅行の帰国時まで、さまざまなシーンで快適なサービスを受けることができます。

 

空港ラウンジの無料利用

カードを提示することで、国内・海外の空港ラウンジを無料で利用することができます。

また、カード所有者本人だけでなく、同伴の方1名も一緒に無料で利用できます。

空港ラウンジを利用できるので、航空便の待ち時間も快適に過ごすことができて、とっても便利です。

 

手荷物無料宅配サービス

自宅から空港間(往復)を、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれます。

そのため、重たいスーツケースを持って自宅から空港間を移動する必要がなくなるので快適に旅行を楽しむことができます。

手荷物無料宅配サービスを利用できる空港は、羽田空港(国際線利用のみ)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港となっています。

 

旅行傷害保険が充実

旅行

アメックスは旅行傷害保険が充実しています。国内だけでなく、海外の両方において旅行傷害保険が備わっています。

どちらも利用付帯となっていて、カード利用をすることで保険の適用条件を満たすことができます。

国内旅行の場合は、旅行中においてカード決済でチケットや宿泊料金を支払った場合に適用されます。

一方の海外旅行の場合は、旅行前に日本国内で国際航空機のチケットやパッケージツアーをカード決済した場合に適用されます。

【国内旅行傷害保険】

保険の種類 保険金
障害死亡 5,000万円
傷害後遺障害 最高5,000万円

 
【海外旅行傷害保険】

保険の種類 保険金
障害死亡 5,000万円
傷害後遺障害 最高5,000万円
障害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円
携行品損害 1旅行中最高30万円・年間100万円まで
救援者費用 最高200万円
アメックスは特に海外旅行傷害保険が充実しているので、頻繁に海外に出かけるという方にはぜひとも所有してもらいたい1枚ですね。

 

プロテクションも万全

セキュリティ

アメックスではプロテクションにもしっかりと力を入れています。

 

オンライン・プロテクション

フィッシング詐欺の被害に遭って、カード番号を盗み取られるなど、インターネット上で第三者に不正使用をされた場合は、損害を全額補償してもらえます。

そのため、安心してネットショッピングを楽しむことができます。

 

ショッピング・プロテクション

国内・海外を問わずカードで支払ったほとんどの商品について、購入日から90日以内に起こった破損・盗難等の損害を、1名・年間最高500万円まで補償してくれます。

カード決済をして購入した大半の商品に適用されるので、積極的にカードで支払うことをおすすめします。

 

カード紛失・盗難の場合の再発行

万が一カードを紛失したり盗難に遭った場合は、直ちにアメックスのカスタマーセンターに連絡して下さい。

無料で新しいカードを再発行して貰えます。

また、すぐにカードを使いたい場合には迅速に再発行手続きを実施してくれます。

 

年会費は12,000円+税

年会費

アメックスの年会費は12,000円+税となっています。

一般的なクレジットカードと比較してゼロが一つ多いですが、年会費に見合うだけの優待特典や旅行傷害保険、プロテクションなどが備わっています。

アメックスのグリーンカードは一般カードに分類されますが、他社のゴールドカードと同等のスペックを有しています。

あまりカード利用しない方にはおすすめしませんが、頻繁にカード利用する方には年会費をペイできるだけのサービスを受けることができます。

 

電子マネーが利用できる

電子マネー

アメックスでは電子マネーを利用することができます。

電子マネーを利用することで、現金を使わずにカードを専用の読み取り機にかざすだけで支払を済ませることができます。

対応している電子マネーは、QUICPay(クイックペイ)とEdy、モバイルSuica、SMART ICOCAなどです。

 

料金の後払いができる

アメックスと電子マネーを紐付けることで料金の後払いができ、チャージをする手間が省けるメリットが得られます。

電子マネーの利用料金の支払いは、通常のカードの利用料金と一緒にまとめて実施します。

しかしその反面、Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAを使用したとしても、メンバーシップリワードの対象外となっているので、ポイントを貯めることはできません。

 

AMEX QUICPayがおすすめ

AMEX QUICPay

電子マネーの利用でポイントを貯めたい場合はAMEX QUICPayの利用をおすすめします。

AMEX QUICPayはアメックスが公式に案内をしている電子マネーです。

国内で使用されているQUICPayと同じものだと考えてもらって結構です。

通常のカード利用と同様に、QUICPayの利用ができる店舗において100円毎に1ptのメンバーシップリワードが貯まります。

 

Apple Payにも対応

アップルペイ

電子マネーはおサイフケータイ対応の端末(携帯電話)でしか利用できないので、iPhoneは利用できませんでした。

そこで登場したのApple Pay(アップルペイ)です。

QUICPayをApple Payに登録することで、iPhone7以降のスマホでも電子マネーが利用できるようになりました。

もしあなたが利用しているスマホがiPhoneなら、アップルペイに登録して電子マネーが利用できます。

 

アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめできる方

おすすめ
ステータス性のあるカードを探している方

日頃から旅行や出張に行く機会が多い方

 

ステータス性のあるカードを探している方

アメックスは、ダイナースクラブカードに匹敵するほどのステータス性を有しているクレジットカードです。

海外では所有しているクレジットカードでその人物を評価する傾向があり、アメックスのカードを所有しているだけで高い評価を得ることができます。

実際にアメックスは年会費が高額で審査基準も厳しいため、選ばれた方しか所有することができません。

そのため、「アメックスを所有していることによる優越感を得たい!」という方にもおすすめできますね。

 

日頃から旅行や出張に行く機会が多い方

アメックスをメリットを最大限に享受できるユーザーは、やはり旅行や出張で海外に行く機会が多い方です。

空港ラウンジを無料で利用できたり、手荷物無料宅配サービスが利用できたり、旅行傷害保険などの旅行関連のサービス・特典が充実しています。

さらにはメンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、貯まったポイントをマイルに還元する際のレートが優遇されるなどのメリットがたくさん受けられます。

 

アメックスの作り方

申込み

アメックスのカードを作りたい場合はオンライン入会が便利です。

公式サイト内に設置されている申込みフォームから簡単に申し込むことができます。

必要事項を入力して申込み手続きを進めて下さい。

【入会資格】

・年齢が20歳以上の方
・日本国内に定住所を持っている方
・日本国内で定職、定収入を持っている方
・他のクレジットやローンで延滞がない方

 

審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて所定の審査が実施されます。

審査結果は申込日当日~3日程度で知らせてくれます。

気になる審査基準ですが、他社のクレジットカードと比較して審査が厳しい傾向があります。

アルバイトや派遣社員、専業主婦の方にはハードルが高いカードですが、一般的な企業で正社員として勤務している方は審査に通る確率が高くなります。

また、「他のクレジットカードでは審査に落ちたけど、アメックスなら審査を通過した」という口コミも存在しています。

その理由はアメックスは外資系なので、独自のスコアリングによって審査を実施しているためです。

つまり審査が甘いというわけではなく、国内のカード会社と審査基準が異なることが大きな要因だと言えます。

 

在籍確認

審査の一環として、在籍確認が実施されることもあります。

但し在籍確認は申込み者全員に実施されるわけではなく、勤務先情報に不備があったり不審な点があった場合などにおいて、確認の意味合いで実施されます。

 

カード発行

無事に審査を通過すると、カードが発行されます。

申込み手続きが完了した日から大体7~10日程度でカードが自宅に届きます。

 

この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪