エポスカードは全国7,000店舗でお得に利用できる年会費無料のクレジットカード

エポスカード
誰でも
【エポスカードの主な特徴】

  • マルイや優待7,000店舗でお得になる
  • 貯まったポイントの使い途も多様
  • 年会費無料で利用できる
  • 電子マネーも利用できる
  • 旅行傷害保険やセキュリティ対策も充実
  • 店頭受取なら最短当日発行が可能

 
【基本スペック】

国際ブランド VISA
年会費 無料
発行スピード 申込み後、1週間程度でカードを発行(※最短当日発行も可能)
ポイント付与率 200円毎に1pt(エポスポイント)
電子マネー 楽天EdyモバイルSuica

 

様々なシーンでお得にポイントが貯まる

エポスカード

エポスカードなら、様々なシーンでお得にポイントを貯めることができます。

 

店舗でのカード利用

エポスカード

VISA加盟店においてカード利用することで、利用金額200円毎に1ptのエポスポイントが貯まる仕組みになっています。

レストランや居酒屋、カフェ、カラオケ店など、いつも使っているお店でもエポスカードで支払うことができます。

また、提携店舗でカード利用をすることで、ボーナスポイントが貯まって大変お得です。

提携店舗としては、マルイやモディ(渋谷モディ、柏モディ、静岡モディ)、星ヶ丘テラス、千歳アウトレットモール・レラ、アスピア明石、MONA(モナ)などが挙げられます。

 

ネットショッピング利用

エポスカード

もちろん、実店舗以外にもネットショッピングでも利用できます。

EPOSNet ポイントアップサイト『たまるマーケット』経由でショッピングをすると、エポスポイントが2~30倍もお得に貯めることができます。

たまるマーケットには400ショップ以上も出店しています。

例えば、amazon(アマゾン)や楽天市場、YAHOO!JAPANショッピング、ベルメゾン、DHCなどの大手も参加しているので、非常に使い勝手が良いです。

さらに会員用サイト『エポトクプラザ』経由で旅行ツアーやホテルの予約&支払いをすると、エポスポイントが最大6倍も貯まります。

エポスカードでネットショッピングをする際は、『たまるマーケット』や『エポトクプラザ』を上手に活用しましょう。

 

月々の支払いでもポイントが貯まる

エポスカード

エポスカードなら、携帯電話や公共料金(電気、ガス、水道代、放送料金など)の毎月の支払いをカード決済することでもエポスポイントが貯まります。

また、家賃に関しても保証人おまかせプラン『ROOM ID』を利用すれば、カード決済時にポイントを貯めることができます。

毎月の携帯電話料金や公共料金の支払いでもポイントが貯まるので、日頃カード利用をする機会が少ない方でも年間を通じて一定数のポイントを獲得することができます。

 

マルイでお得に買い物ができる

エポスカード

エポスカードはマルイでの買い物で、さまざまな優待特典が受けられます。

 

年4回10%オフで買い物ができる

年間4回実施される『マルコとマルオの7日間』のキャンペーン期間中において、マルイの店舗や通販サイト『マルイウェブチャネル』でカード決済をすると、10%オフの割引価格で買い物ができます。

食品・レストランなど一部対象外商品・ショップが存在しますが、大半の商品・ショップで適用されるので賢く買い物をして下さい。

 

マルイの店舗・通販でポイント割引

マルイの店舗や通販サイト『マルイウェブチャネル』での支払い時において、貯まっているエポスポイントを利用して割引きができます。

500pt⇒500円換算で割引が利用できます。(※500pt以上1pt単位)

500pt以上のエポスポイントが貯まっているなら、マルイの店舗や通販サイトで有効利用しましょう。

 

マルイ通販で配送料の優待

マルイウェブチャネル

通販サイト『マルイウェブチャネル』でエポスカードを利用して買い物をした際に、配送料の優待が受けられます。

購入価格が3,000円(税込・割引後)以上の場合は配送料が無料になります。

また、3,000円未満であっても配送料は全国一律195円でとってもお得です。

 

電子マネーも利用できる

電子マネー

エポスカードなら、今話題の電子マネーも利用することができます。

電子マネーとは、現金を使用せずにカードやスマホ・ケータイ(おサイフケータイ)などで支払いを済ませることができる便利な決済ツールです。

エポスカードでは、楽天EdyモバイルSuicaなどの電子マネーに対応しています。

 

楽天Edy

楽天Edy

楽天Edyは、文字通り楽天グループが運営しているプリペイド式の電子マネーです。

大手コンビニはもちろんですが、その他にも全国約49万店舗で利用することができます。

エポスカードと紐付けることでオートチャージが可能となり、不足金額を気にすることなくショッピングが楽しめます。

また、エポスカードで楽天Edyにチャージすると、1,000円に付き5ptのエポスポイントが付与されます。

さらに楽天Edyで買い物をした際にも1清算200円(税込)毎に1ptのエポスポイントが貯まり、お得にどんどんポイントを貯められます。

 

モバイルSuica

モバイルSuica

モバイルSuicaは、JR東日本が運営している電子マネーです。

おサイフケータイに対応しているAndroidスマートフォンに設定することで、駅の改札口や店舗の会計時にスマホをかざすだけで支払いを済ませることができます。

電車の乗車券に関しては、定期券やグリーン券、JR東日本東日本の新幹線のきっぷにも対応しています。

但し、楽天Edyのようにオートチャージをすることはできません。その都度必要な金額をチャージする必要があります。

エポスカードを使ってモバイルSuicaにチャージをすると、1,000円毎に5ptのエポスポイントが付与されます。

モバイルSuicaでショッピングをする際は200円毎に1ptのエポスポイントが貯まります。

 

スターバックスカードにもチャージができる

スターバックスカード

エポスカードでは、スターバックスカードにもチャージをすることができます。

スターバックスカードは、キャッシュレスでスターバックスの店舗での飲食が利用できるプレイペイドカードのことです。

1枚のカードに1,000円~30,000円までの金額をチャージすることができます。

但し、上記の楽天EdyやモバイルSuicaなどのように、チャージ時にポイントが加算されることはありません。

 

アップルペイも利用できる

マルイウェブチャネル

Apple Pay(アップルペイ)でもエポスカードが利用できます。

今まではAndroid系のスマホからしか電子マネーが利用できませんでしたが、アップルペイに対応したことで、iPhone7やApple Watch Series2からでも利用可能になりました。

QUICPay(クイックペイ)が利用できる店舗での買い物やSuicaでのチャージが可能です。

QUICPayは日本全国の主要店舗で利用できるので、非常に利便性が高いです。

そのため、アップルペイを利用して決済をしたい場合は、会計時に「QUICPayで支払います」と伝えて下さい。

クイックペイ

 

エポスカードでアップルペイを利用する際の注意点

アップルペイをVISAで利用する場合は、実店舗のみしか利用できません。

オンラインショッピングやアプリなどを購入する場合は利用できない点を覚えておいて下さい。

そのため、オンラインショッピングでもアップルペイで決済をしたい場合は、MasterCardやJCB、AmericanExpressなどを利用できるクレジットカードの利用を検討して下さい。

 

エポスポイントの使い方

ポイント

貯まったエポスポイントはマイルでのショッピング割引や商品券、ギフト券、他社ポイント交換など、さまざまな使い途があります。

 

マルイの店舗・通販でのショッピング割引

マルイ

マルイの店舗やショッピングサイト『マルイウェブチャンネル』での支払い時に、1pt⇒1円換算で利用することができます。

ちなみにポイント交換は、500pt以上1pt単位から利用可能となっています。

マイルの店舗で利用する場合は、清算前にエポスカードを提示して、「エポスカードで支払います」と伝えて下さい。

 

エポスVisaプリペイドカードに移行

エポスVisaプリペイドカード

貯まったエポスポイントをエポスVisaプリペイドカードに移行することができます。

エポスVisaプリペイドカードへの移行は1ptから可能です。

このエポスVisaプリペイドカードは、国内・海外合わせて3,800万ヶ所のVisa加盟店でショッピング利用ができるプリペイドカードです。

また、利用する毎に0.5%キャッシュバックしてもらえます。

 

ネット通販で割引が受けられる

エポスカード

エポスカードなら貯まったポイントを使って、今月分の支払金額の中に占めるネット通販利用分の請求を、割引することもできます。

500pt以上1pt単位から利用可能です。

日頃からネットショッピングをする機会が多い方は、貯まったポイントを使って割引ができるので非常におすすめです。

 

商品券やギフト券に交換

貯まったエポスポイントに応じて、マイルの商品券やギフトカード、クーポンなどに交換できます。

ポイント交換手続きを実施した後、約1週間で自宅に郵送してもらえます。

エポスカード

 

他社ポイントに移行

ANAマイルやJALマイル、dポイント、WALLETポイント、ノジマスーパーポイントなどに交換することもできます。

他社ポイント・マイル 交換レート(エポスポイント⇒他社ポイント)
ANAマイル 1,000pt⇒500マイル
ANA SKYコイン 1,000pt⇒1,000コイン
JALマイル 1,000pt⇒500マイル
スターバックスカード 500pt⇒500円分チャージ
ノジマスーパーポイント 500pt⇒500pt
dポイント 1,000pt⇒1,000pt
WALLETポイント 1,000pt⇒1,000pt

 

年会費無料のクレジットカード

年会費無料

エポスカードは年会費無料で利用できるクレジットカードです。

発行手数料もかからないので、完全無料でクレジットカードが利用できます。

また、年会費無料になる条件(年間利用金額など)も設定されていないので、日頃あまりカード利用しない方でもコストをかけずにカードを所有することができます。

年会費無料のクレジットカードを探している方はぜひ申込みを検討して下さい。

 

ETCカードも無料

エポスカードなら、クレジットカードだけでなくETCカードも無料で利用できます。

ETCカードがあれば、高速道路の料金所でノンストップ&キャッシュレスで支払いが完了します。

クレジットカードとETCカードの両方を申し込みたい方にもおすすめです。

 

海外旅行傷害保険が付いている

旅行

エポスカードは年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が備わっています。

例えば海外旅行先の食事でお腹を壊したり、急病になって現地の病院に入院した場合の入院費や観光をしている最中にデジカメを落として壊れた場合の修理代などを補償してくれます。

しかも自動付帯となっているので、保険が適用してもらうために出発前の届け出や手続きなどをする必要はありません。

カードを所有しているだけで、海外旅行傷害保険が適用されます。

但し、保険が適用されるのはカード会員本人のみで、家族は対象外となります。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
補償期間に関しては、カード加入日の翌日以降に日本を出発した方が対象となり、1旅行につき最長90日間まで適用されます。

 

緊急医療アシスタンスサービス

万が一、海外旅行先で不慮の事故や怪我、病気などに見舞われた場合は、エポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話連絡をして下さい。

24時間いつでも日本語で親切丁寧に対応してくれます。

海外旅行傷害保険で補償される金額までなら保険金から精算されるので、あなたの負担額が軽減します。

 

セキュリティ対策も万全

セキュリティ

エポスカードでは、さまざまなセキュリティ対策が施されています。

 

ICカードで安全

エポスカード

券面に高度なセキュリティを実現するICチップが搭載されています。

ICチップを搭載することで膨大な情報量の保存・処理が可能になりました。

そのため、従来の磁気カードと比較して偽造が困難で、安全にカード利用ができます。

 

不正使用検知システムの導入

エポスカードでは不正使用検知システムが導入されています。

不正使用検知システムとは、不正使用のパターンを分析して、会員以外の第三者によるカード利用の可能性があるかどうかをチェックするシステムのことです。

そして第三者が利用した可能性があると判断した場合は、カードの利用時に取引を保留して所有者に確認してくれます。

 

紛失・盗難時の全額補償

万が一、所有していたエポスカードが紛失したり盗難に遭ったりした場合は、すぐにエポスカード紛失受付センターに連絡をして下さい。

届け出た日を含めて61日前に遡って、それ以降の不正使用による損害を全額補償してくれます。

 

カード利用通知サービス

エポスカード

カード利用通知サービスを利用すると、クレジットカードの利用毎に迅速にメールで通知をしてくれます。

そのため、第三者に不正利用された場合もメールが届くので、早期に発見できて損害を最小限に抑えることができます。

但し、totoオフィシャルサイトでの利用やApple Pay(アップルペイ)を利用した場合は通知はされないので、これらを利用する場合は注意をして下さい。

 

バーチャルカード機能が利用できる

エポスカード

エポスカードではバーチャルカード機能が利用できます。

このバーチャルカード機能を活用すると、実際のクレジットカード番号とは異なる番号でネット通販が利用できます。

そのため、カード番号が万が一不正利用されたとしても、本当のカード番号が知られる心配がないので被害を受けることはありません。

初めて利用するウェブサイトや海外サイトでクレジットカード番号を入力することに抵抗がある方におすすめの機能です。

また、バーチャル番号はいつでも変更できたり利用を中止することができるので、あなたが利用したい時にのみバーチャル番号を設定することもできます。

もちろんバーチャルカード機能を使用しても、エポスポイントはしっかりと貯まるので安心して下さい。

 

エポスNetログイン通知サービス

エポスNetログイン通知サービスとは、エポスNetにログインする度にメールで通知してくれるサービスのことです。

身に覚えのないログインがあれば、すぐにメールで教えてくれるので、第三者の不正利用を早期に発見することができます。

エポスNetログイン通知サービスはエポスNetにログインした後、設定することができます。

 

エポスカードをおすすめできる方

おすすめ
マルイで買い物をする機会が多い方

年会費無料のカードを探している方

安心してカード利用をしたい方

 

マルイで買い物をする機会が多い方

エポスカードはマルイでの買い物の際に受けられる優待特典が多いです。

例えば、マルコとマルオの7日間の期間中においては、カード会員限定で年4回10%オフで買い物ができます。

さらに会計時に貯まったエポスポイントを500pt⇒500円換算で割引を受けることができます。

日頃からマルイで買い物をする機会が多い方は、エポスカードの申込みを検討して下さい。

 

年会費無料のカードを探している方

エポスカードは年会費無料で利用することができます。

年会費無料のカードの中にはスペックが低いカードも存在しますが、エポスカードは違います。

海外旅行傷害保険(自動付帯)やセキュリティ対策(不正使用検知システムや紛失・盗難時の全額補償など)もしっかりと備わっています。

年会費無料でありながら、一定のサービスが受けられるクレジットカードを探している方におすすめです。

 

安心してカード利用をしたい方

上述しているように、エポスカードにはセキュリティ対策もしっかりと施されています。

ICチップの搭載や不正使用検知システム、紛失・盗難時の全額補償、カード利用通知サービス、バーチャルカード機能なども備わっているので、第三者による不正利用のリスクが最小限に抑えられます。

「安心してクレジットカードを利用したい!」と考えている方にもおすすめのカードだと言えますね。

 

エポスカードの作り方

申込み

エポスカードは公式サイト内に設置されている申込みフォームから簡単に申込み手続きができます。

カードデザインを選択した上で、『同意してお申込み』をクリックして手続きを進めて下さい。

カードデザインに関しては通常のシルバーとレッド以外に、70種類以上のデザインが用意されているエポスDESIGN CARDも選択できます。

エポスDESIGN CARDを選択する場合は、別途カード発行料金500円(税込)がかかります。

申込み手続きはとても簡単で、最短5分で完了します。

 

基本情報の入力

あなたの氏名や生年月日、性別、住所、電話番号、配偶者の有無、お仕事情報などを入力します。

そして本人確認書類と受取方法を選択しましょう。

 

入会審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて、所定の入会審査が実施されます。

申込み資格は「18歳以上の方(高校生を除く)」となっていて、収入面に関しては記載されていません。

そのため、専業主婦や学生(大学生や専門学校生など)でも申し込むことができます。

これらのことから推測すると、審査基準はそれほど厳しくはないと判断できます。

審査結果に関しては、申込み後当日~翌営業日にメールで送信されます。

 

カードの受取

無事に審査を通過した後、カードが発行されます。

カード発行後、約1週間程度で自宅に配達してもらえます。

カードを受け取る際には本人確認書類が必要になるので、事前に用意をしておいて下さい。

本人確認書類とは、運転免許証や各種健康保険証、パスポート、顔写真付きの個人番号カードなどを指します。

また、急ぎでカードが必要な場合はマルイの店頭で受け取ることもできます。

マルイの店頭で受け取る場合は最短当日に受け取ることも可能です。

その際には審査結果メール(携帯電話画面やプリントアウト)と本人確認書類、キャッシュカードを持参して下さい。