NTTグループカードレギュラーを所有するメリットと作り方を解説

NTTグループカードレギュラー
誰でもOK
【NTTグループカードレギュラーの主な特徴】

  • 2種類のコースから選べる
  • NTTグループの通信サービス利用者におすすめ
  • Web明細サービスの利用で年会費が無料
  • 出光サービスステーションでキャッシュバック可能
  • 電子マネーも利用できる

 
【基本スペック】

国際ブランド VISAMasterCard
年会費 1,200円(税別)
発行スピード 申込みから約10~20日程度でカード到着
ポイント付与率 1,000円毎に10pt(NTTポイントサービス)
電子マネー EdynanacoモバイルSuicaSMART ICOCA

 

2種類のコースから選択できる

NTTグループカードレギュラー

NTTグループカードレギュラーでは、『おまとめキャッシュバックコース』『ポイントプレゼントコース』の2種類のコースが用意されています。

あなたのライフスタイルに合わせてどちらのコースが良いのかを検討しましょう。

いつでもコースの変更ができるので、実際に両方のコースを選んでみて、どちらのコースが合っているのかを確かめてみるのも良いと思います。

 

おまとめキャッシュバックコース

NTTグループカードレギュラー

毎月のショッピング利用合計額と対象の通信料金に応じてキャッシュバックをしてもらえます。

キャッシュバックを受けるため条件として、毎月のショッピング利用合計金額が2万円以上で、かつ毎月の対象通信料金の合計金額15,000円以上に設定されています。

キャッシュバックが受けられる対象通信料金は下記のとおりです。

【対象通信料金】

・NTT東日本
・NTT西日本
・NTTコミュニケーションズ
・NTTドコモ
・OCN
・NTT-MEのプロバイダー(WAKWAK)
・NTTぷららのプロバイダー(ぷらら)料金、ひかりTV料金
・@niftyのプロバイダー料金
・BIGLOBEのプロバイダー料金
・NTTファイナンスおまとめ請求 など

auやSoftbankユーザーは対象外となるので、これらのスマホや携帯電話を利用している方にとってはそれほど大きなメリットはありません。

 

キャッシュバック率

キャッシュバック対象料金の合計額が15,000円を超えた場合に実施されます。

そして15,000円にキャッシュバック率を乗じた金額がキャッシュバックされる仕組みになっています。

利用合計金額に応じて、0~60%の範囲内でキャッシュバックをしてもらえます。

月間カード利用金額 キャッシュバック率
0~2万円未満 0%
2~4万円未満 1.5%
4~6万円未満 3.0%
6~8万円未満 4.5%
8~10万円未満 6.0%
10~20万円未満 8.0%
20~30万円未満 18.0%
30~40万円未満 28.0%
40~50万円未満 38.0%
50~60万円未満 50.0%
60万円以上 60.0%
【おまとめキャッシュバックコースの注意点】

つまり、あなたが利用している対象通信料金が毎月15,000円を超えていない場合には、キャッシュバックを受けることはできません。

『おまとめキャッシュバックコース』の申込みを検討する場合は、この点についてしっかりとチェックしておきましょう。

 

ポイントプレゼントコース

NTTグループカードレギュラー

カードの利用金額に応じてポイントが貯まるコースとなっています。

通常のカード利用の場合は1,000円毎に10ptが貯まります。

そして、NTT東日本やNTT西日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTファイナンスおまとめ請求などの支払では200円毎に2pt貯まります。

ポイントの有効期限は、ポイント獲得月から2年間となっています。

出光キャッシュバックシステムの利用分やキャッシングリボ、海外キャッシング(一括)などは、ポイント付与の対象外となります。

 

倍増TOWNの利用でポイントがどんどん貯まる

NTTグループカードレギュラー

会員専用ポイントモール「倍増TOWN」を経由して買い物をすると、ポイントが最大26倍も貯まります。

日用品からPC、家電、お取り寄せグルメ、旅行予約など、さまざまなジャンルの商品・サービスが取り揃っています。

また、楽天市場やYAHOO!JAPANショッピング、nissen、DHC、じゃらん、イトーヨーカドーネット通販など、大手ショップも参加しているので非常に利便性が高いです。

NTTグループカードレギュラー

 

ポイントの交換方法

ポイント

NTTグループカードレギュラーのカード利用で貯まったポイントは、景品やdポイント、ANAマイレージなどと交換することができます。

 

他社ポイント移行

NTTグループカードレギュラー
ポイント名 ポイント数 ポイント換算率(当カード:他社)
dポイント 5,000pt以上(1,000pt単位) 10:6
ANAマイレージクラブポイント 4,000pt以上(1,000pt単位) 5:1
ちょコム 4,000pt以上(1,000pt単位) 2:1

 

キャッシュバック・ギフトカード

NTTグループカードレギュラー
景品名 ポイント数 金額
キャッシュバック 10,000pt 6,000円分
VJAギフトカード 11,000pt 6,000円分
図書カードNEXT 7,000pt 2,000円分
QUOカード 7,000pt 2,000円分

 

出光キャッシュバックシステム

出光サービスステーション

全国にある出光サービスステーションにおいて、NTTグループカードレギュラーを利用してガソリン給油をすると、条件に応じてキャッシュバックを受けることができます。

毎月16日~翌月15日間の利用金額に応じて、ポイント付与数が決定します。

利用金額10,000円につき1pt、10,000円以上の場合は1,000円毎に0.1ptが付与されます。

そして、ポイント付与数によってキャッシュバック額が決定して、お得に給油をすることができます。

利用金額 ポイント付与数 キャッシュバック額
1,000円以上10,000円未満 1pt 2円/L
20,000円 2pt 4円/L
50,000円 5pt 10円/L
100,000円 10pt 20円/L
200,000円 20pt 40円/L

 

電子マネーが利用できる

電子マネー

NTTグループカードレギュラーは電子マネーを利用することもできます。

電子マネーを利用することで、現金を持ち歩く必要なくスムーズに支払を済ませることができます。

利用できる電子マネーは楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAです。

 

楽天Edy

楽天Edy

楽天Edyは楽天グループが運営しているプリペイド式の電子マネーです。

コンビニのレジやクレジットカードでチャージをすることによって、全国の楽天Edy加盟店でいつでもスピーディに利用できます。

 

nanaco

nanaco

nanacoはセブン・カードサービスが運営しているプリペイド式の電子マネーです。

事前にチャージしておくことで、nanaco加盟店でスムーズな支払が可能になります。

セブンイレブンやイトーヨーカドー、SEIBU・そごう、ヨークマート、アカチャンホンポ、ミスタードーナツなどで利用できます。

 

モバイルSuica

モバイルSuica

モバイルSuicaはプリペイド式の電子マネーです。

JR東日本の改札口や定期券、Suicaグリーン券の購入、新幹線(モバイルSuica特急券)で利用できるだけでなく、Suicaマークの店舗でも決済ができます。

 

SMART ICOCA

SMART ICOCA

SMART ICOCAは西日本を中心に利用されているプリペイド式の電子マネーです。

上記、モバイルSuicaのJR西日本版とイメージすると分かりやすいと思います。

NTTグループカードレギュラーを使って、これらの電子マネーにチャージをすることはできますが、チャージによるポイントは付与されません。

 

Web明細サービスの利用で年会費が無料

出光サービスステーション

NTTグループカードレギュラーでは年会費が1,200円(税別)となっていますが、Web明細サービスを利用することで年会費が無料になります。

Web明細サービスとは、郵送による利用明細の代わりに会員専用Webサービス「MyLink」で利用明細を確認するサービスのことです。

つまり、カード会社側の毎月の郵送コストが削減できるメリットが生まれることで、利用者の年会費を無料にしてくれるというわけです。

紙面による利用明細は廃棄するのが面倒ですよね?

個人情報が漏れないように細かく裁断して廃棄しなければいけません。

その点、Web明細サービスなら、PCやスマホの画面上で確認できるので廃棄する必要はありません。

紙面の利用明細が必要になったら、プリントアウトすることもできます。

 

家族カードやETCカード

NTTグループカードレギュラーでは、家族カードは無料、ETCカードは年会費500円で発行してもらうことができます。

家族カードは無料なので、家族の方にもカードを持たせたい場合は一緒に申し込むとお得です。

 

安心のセキュリティ対策

安心のセキュリティ対策

NTTグループカードレギュラーでは、セキュリティ対策もしっかりと施されています。

 

オンラインショッピング安心サービス

NTTグループカードレギュラーを利用して、オンラインショッピングで購入した商品の破損・盗難・火災などによる損害を補償してくれます。

年間限度額 100万円
自己負担額 1回の事故あたり1万円
商品の補償期間 利用明細書記載の利用年月日の日付を含めた90日以内

 

お買物安心補償サービス

リボルビング払い・分割払い(3回以上)で購入した商品の破損・盗難・火災などによる損害を補償してくれるサービスのことです。

年間限度額 100万円
自己負担額 1回の事故あたり1万円
商品の補償期間 利用明細書記載の利用年月日の日付を含めた90日以内

 
年間限度額で記載されている金額は、オンラインショッピング安心サービスとお買物安心補償サービスの両方を合わせた金額となる点に注意をして下さい。

つまり、2つのサービスを合わせた年間100万円までを補償してくれる仕組みになっています。

 

NTTグループカードレギュラーをおすすめできる方

おすすめ
NTTグループの通信サービスを利用している方

出光のサービスステーションを利用する機会が多い方

年会費無料のカードを探している方

 

NTTグループの通信サービスを利用している方

NTTグループカードレギュラーは、やはり日頃からNTTグループの通信サービスを利用している方に所有してもらいたいカードです。

『おまとめキャッシュバックコース』を選択すると、毎月のショッピング利用合計額と対象の通信料金に応じてキャッシュバックをしてもらえます。

もしあなたがドコモのスマホを利用していたり、NTT東日本やNTT西日本などの通信サービスを利用している場合はぜひ申込みを検討して下さい。

 

出光のサービスステーションを利用する機会が多い方

NTTグループカードレギュラーは出光のサービスステーションを利用する機会が多い方にもおすすめです。

カードを利用して出光のサービスステーションで給油をする際に、毎月の利用金額に応じて翌々月のガソリン代が最大40円/Lの割引特典が受けられます。

日頃から出光のサービスステーションを利用する機会が多い方なら、NTTグループカードレギュラーでカード決済をすることで割引価格で給油できるのでおすすめです。

 

年会費無料のカードを探している方

NTTグループカードレギュラーの年会費は1,200円(税別)となっていますが、Web明細サービスを利用することで年会費が無料になります。

カード利用金額に関係なく、Web明細サービスに切り替えるだけで年会費が無料になって大変お得です。

実質的に年会費無料でカード利用ができるので、年会費無料のカードを探している方はNTTグループカードレギュラーを選択肢の一つとして加えてみて下さい。

 

NTTグループカードレギュラーの作り方

申込み

NTTグループカードレギュラーの申込みはオンライン入会が便利です。

公式サイト内に設置されている申込みフォームから簡単に申し込むことができます。

会員規約・各種特約および個人情報の取り扱いに関する同意条項に同意の上、必要事項を入力して下さい。

【申込み資格】

・満18歳以上(高校生除く)で本人または配偶者に安定した継続収入のある方、または学生の方(未成年は親権者の同意が必要です)

・自宅、勤務先に電話連絡が可能な方

 

審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて、所定の審査が実施されます。

審査結果はメールで教えてくれます。大体申込み手続きをしてから2~10日程度で結果が分かります。

気になる審査基準に関しては、学生でも申し込めるということから、それほど厳しくはないと推測できます。

アルバイトやパートタイマーでも審査を通過したという口コミも多数あるので、年収というよりも継続して収入を得ているのであれば、審査を通過する可能性は高いと言えます。

 

カード発行

審査を通過すると、カードが発行されます。自宅に簡易書留郵便で届けてくれます。

入会が完了すると、同時にIDも発行されます。

この発行されたIDを利用して、会員専用WebサービスMyLinkにログインする仕組みになっているので、カードと共に大切に保管して下さい。

ID番号は審査結果メールに記載されています。

 

この記事が役に立ったらシェアをお願いします♪