クレジットカードの審査方法とは?審査が厳しいカードと審査が甘いカード

クレジットカードの審査

クレジットカードは申し込むだけでカードを発行してもらえるわけではありません。

各カード会社から審査を受けて、その審査を通過した方々だけがクレジットカードの利用を許可されます。

そのため、クレジットカードの申込みを検討している方の中には「どのような審査が行われるのか?」、あるいは「自分は審査を通過することができるのか?」などの不安を感じている方も存在します。

そこで今回は、クレジットカードの入会審査に関して詳しく見ていこうと思います。

 

入会審査をする目的とは・・・

クレジットカードの審査

クレジットカードに入会する際に審査を実施する主な目的は、カード利用によって請求した金額を全て支払ってもらえるかどうかを判断することです。

あなたもご存じのとおり、クレジットカードは後払いの決済方法を取り入れています。

例えば、利用者がカードで支払った金額を後日回収できなければ、カード発行会社の損失となってしまいます。

そのため、カード発行会社はあなたに支払能力があるのかを客観的に審査をして、クレジットカード利用を許可するどうかを決めているのです。

また、あなたの支払能力に応じて、クレジットカードで利用できる限度額も細かく設定します。

 

審査の流れ

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査の主な流れを把握しましょう。

一般的にクレジットカードの入会申込みはインターネット上で実施する方法と、店舗で実施する方法があります。

大半の方がインターネット上で申し込んでいることから、ここではインターネット申込みに焦点を当てて解説していきます。

 

申込みフォームに入力

公式サイト内に設置されている申込みフォームにアクセスをして、「個人情報の取扱いに関する事項」と「会員規約」などを確認します。

そして、あなたの氏名や性別、生年月日、住所、勤務状況などを入力します。

仕事をしている場合は勤務先の住所や電話番号、資本金、従業員数、入社年月などの情報も入力します。

 

審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて、所定の審査が実施されます。

コンピュータによる自動審査と担当スタッフによる手動による審査があります。

審査基準に関しては、各カード発行会社によって異なります。

 

本人確認

審査の一環として、本人確認が実施されます。

本人確認とは、クレジットカードを申し込んだ方に間違いがないことを確認することと、クレジットカード利用をする意思があるかどうかを確認するために行われます。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」が存在していて、銀行や他の金融業者などの業者が取引を行う際に、利用者が本人確認のために協力行動を行うことが義務づけられています。

一般的には本人確認書類の提出を求められます。

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証、パスポートなどで、これらをスキャンしてオンラインで提出することもできます。

既に引落し用の銀行口座を所有している場合は、銀行口座番号を入力するだけで本人確認書類の提出が不要になるクレジットカードも増えています。

担当者から確認の電話がかかってくるので、必ず電話に出て下さい。

知らない番号だからといって電話に出なければ、審査を通過することができません。

 

在籍確認

本人確認だけでなく、在籍確認の電話が勤務先にかかってくることもあります。

申込みフォームに入力した勤務先で本当に働いているのかを確認するために実施されます。

しかし、クレジットカードの申込み審査における口コミ情報を調査していると、必ずしも在籍確認が実施されるわけではないようです。

中には本人確認のみで、在籍確認はされなかったというケースもあります。

また、同じクレジットカードでも在籍確認がある場合とない場合があります。

両者の違いは分かりませんが、クレジットカードの申込み手続きを実施する場合は在籍確認があるものだと思っていた方がよいですね。

ちなみに在籍確認は担当者の個人名やカード会社名で電話があり、数分程度の簡単な確認作業のみで完了するので、それほど心配する必要はありません。

 

カード発行

審査を通過することができれば、晴れてクレジットカードが発行されます。

カードは本人限定受取郵便で郵送されるケースが多いです。

そのため、カードを受け取る際には本人確認書類が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

 

クレジットカードの入会審査方法

クレジットカードの審査

ここで気になるのが「クレジットカードの入会申込みをした際に、どのような方法で審査が実施されるのか?」ということです。

各カード会社によって審査方法は異なりますが、オーソドックスな審査方法を紹介します。

 

申込み内容のスコアリング

まずは申込みフォームに入力した情報のスコアリングが行われます。

例えば、正社員として勤務していれば○○点、勤続年数が5年以上なら△△点などと、数値化していきます。

スコアリングはコンピュータによって自動で行われます。

そして事前に設定されている数値をクリアすれば次の審査方法に移行します。

逆に数値をクリアできなければ、自動的に否決されます。

 

スコアリングの傾向

スコアリング

スコアリングで実施される各項目毎の評価例を簡単に紹介します。

 

勤務形態

勤務形態は安定して収入が得られるかどうかが客観的に評価されます。

勤務形態におけるスコアリングでは、下記のようなランク付けとなります。

【勤務形態におけるランク付け】

公務員 > 会社員(正社員) > 自営業・自由業 > 派遣社員・契約社員 > パートタイマー・アルバイト > 主婦 > 学生 > 無職

公務員は倒産することがないので、一番評価が高いです。

逆に無職の場合は、審査を通過する可能性が極めて低いです。

 

勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど有利に働きます。

反対に勤続年数が1年未満である場合は評価が低くなります。

そのため、クレジットカードを申し込む場合は、最低でも1年以上の勤続年数に達してから実施することをおすすめします。

 

年齢

年齢に関しては少し複雑になります。

一般的には年齢を重ねれば重ねるほど信用力が増していくように思いますが、クレジットカードの申込みの場合は当てはまりません。

例えば、30歳を超えて初めてクレジットカードの申込みをする場合はマイナス評価となることがあります。

それはクレジットヒストリー(クレジットカード利用の履歴情報)に大きく関係します。

過去にクレジットカードを利用していてブラックリストになっていて、それが解消されると過去のクレジットヒストリーが全て消去されるためです。

つまり、「過去にブラックリストに載ったことがあるのではないか?」と疑われる恐れがあるのです。

もちろん、30歳を過ぎてしまうとクレジットカードが作れないというわけではありません。

しかし、審査においてはマイナスに働くことを覚えておいて下さい。

そのため、クレジットカードを作りたい場合はできるだけで年齢が若いうちに作っておくことをおすすめします。

 

居住年数

居住年数は長ければ長いほど評価が高くなります。

逆に住んでいる部屋を転々と変えている場合は、カード決済の支払遅延を起こした際に夜逃げされる可能性があると判断されて、評価が低くなります。

また、借家ではなく持ち家であれば、さらに評価が高くなります。

なぜなら、万が一支払ができない場合でも最悪、持ち家を売却すれば資金を用立てることができるためです。

 

手動(人的)審査

コンピュータによる自動審査が終わり、一定の基準をクリアした場合は、人の手による審査が行われます。

申込みフォームに入力されている情報を担当スタッフの目で確認して、問題がないかをチェックします。

さらに、個人信用情報機関に登録されている利用者のクレジットヒストリーを確認して、ブラックリストに載っていないかどうかをチェックします。

その後、上記で紹介している本人確認や在籍確認を行い問題がなければ、晴れて審査通過となります。

【ブラックリストに載る条件】

・クレジットカードや借金の支払いをしなかった
・自己破産や任意整理などの債務整理をした
・多重申込をした
・クレジットカードの現金化をした
・携帯電話の支払いが滞っている

 

審査が厳しいカード・審査が甘いカード

クレジットカードの審査

同じ内容で申し込んだとしても、審査を通過するカードと、審査に通らないカードが存在します。

それは各カード発行会社によって審査基準が異なることが大きな要因です。

一般的に年会費が高額に設定されているカードほど審査基準が厳しくなる傾向があります。

例えば、年会費が数万円もするゴールドカードより、年会費無料のクレジットカードの方が審査に通りやすいです。

 

カード系列

また、発行しているカード会社の系列によっても審査基準が異なります。

クレジットカードはさまざまな業界から発行されています。

例えば銀行から発行されているカードや信販会社から発行されているカード、スーパーマーケットなどの店舗から発行されているカードなどがあります。

審査の厳しい順に並べると、下記のようになります。

審査が厳しい > 審査が甘い
銀行系 > 信販系 > 交通系 > 流通系・石油系 > ショッピング・スーパー・コンビニ系 > 消費者金融系

 
【主なカード系列】

銀行系 JCB、三井住友カード(三井住友VISA)、ユーシーカード(UC)、三菱UFJニコス(DC、UFJ、NICOS)、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、シティカードジャパン(ダイナースクラブカード、シティカード)など
信販系 日本信販(NICOS)、オリコ、クオーク、ジャックス、セントラル、アプラス、ライフなど
交通系 ビューカード、小田急電鉄、東急カード、京阪カード、いよてつカードサービスなど
流通系 楽天カード、ワイジェイカードオリエントコーポレーション(オリコ)、セディナ、ジャックス、ライフ、クレディセゾン、ポケットカードなど
石油系 コスモ、シェル、出光、ENEOSなど
消費者金融系 アコムなど

 

審査に落ちる原因

疑問

クレジットカードの審査に落ちる主な原因としては、下記のようなものが挙げられます。

【入会審査に落ちる主な原因】

・収入がない
・多重申込み
・本人確認の電話に出ない
・抱えている借金が多い
・ブラックリストに載っている

 

収入がない・少ない

使いすぎ

まず一つ目の原因が『収入がない・少ない』です。

クレジットカードは決済ツールなので、当然利用者の支払能力の有無が大きな審査基準となります。

審査を通過できる収入の基準は各クレジットカードによって異なります。

例えば、プラチナカードやゴールドカードのようなステータス性のあるクレジットカードは、収入面の基準も厳しくなっています。

逆に年会費無料のクレジットカードなら、安定した収入があれば、契約社員や派遣社員、パートタイマー、アルバイトでも審査を通過できる可能性が高いです。

また、申込み者本人に収入がない専業主婦や学生でも、パートナーや両親などに安定した収入があれば、審査を通過できるクレジットカードも多数存在します。

 

多重申込み

複数のカード

多重申込み者も審査を通過することが難しくなります。

『多重申込み』とは、短期間に複数のクレジットカードに申し込む行為のことを意味します。

なぜなら、短期間に複数のカードの申込みをすると、審査担当者から「この申込者はお金に困っているのではないか・・・?」と疑われてしまうためです。

クレジットカードの申込み手続きの情報(期日や件数など)は、過去6ヶ月間にわたって個人信用情報機関に登録される仕組みになっています。

入会審査をする担当者はこの個人信用情報機関に登録されている情報も確認して審査を行うので、あなたが多重申込みをしているかどうかが簡単に把握されてしまいます。

多重申込みの明確な基準は存在しませんが、一般的には6ヶ月間に3件くらいの申込件数に抑えておいた方が良いと言われています。

1回の申込みで審査を通過することが理想ですが、万が一審査に落ちてしまったとしても、6ヶ月間においては申込件数を3件程度に抑えましょう。

 

本人確認の電話に出ない

電話

入会審査で実施される本人確認の電話に出ない場合も、審査に通ることはできません。

本人確認はクレジットカード申込み者が実在するかどうか、そして本当にクレジットカードを利用する意思があるのかを確認するために実施される手続きです。

この本人確認作業が完了しなければ、いくら審査基準をクリアしていたとしてもカードが発行されることはありません。

1回や2回、電話に出られないくらいで審査に落とされることはありませんが、何度も電話に出ないのは危険です。

クレジットカードの入会申込みをしている期間に関しては、見知らぬ番号から電話がかかってきたとしても、必ずかけ直すようにしましょう。

留守電機能を利用している場合は、担当者から本人確認の電話だということと伝えてくれるので有効活用をして下さい。

 

抱えている借金が多い

借金

現在、抱えている借金が多い場合も審査に通り難くなります。

借金を抱えているということは、毎月返済しなければいけないお金があるということなので、借金がない方と比較して支払能力が低いと判断されます。

もちろん借金を抱えていれば必ず審査に落ちるというわけではありません。

但し、借金総額が多くなればなるほど、審査に通り難くなることは断言できます。

また、申込みフォームに入力する借金の総額は、できる限り正確に申請して下さい。

カード発行会社は申込み者が抱えているカードローンや消費者金融の借金総額を簡単に調べることができます。

申請した金額と実際の金額に大きな開きがある場合は、審査担当者から「申込者が嘘をついている」と判断されるので、余計審査に通り難くなります。

 

ブラックリストに載っている

ブラックリスト

あなたの情報がブラックリストに載っている場合は、100%の確率でクレジットカードの入会審査に落ちます。

ブラックリストとは、クレジットカードやカードローン、フリーローンなどの返済が滞った場合や債務整理手続きを実施している場合に個人の信用情報機関に登録される状態のことを意味します。

また、ブラックリストに載ることを『信用情報に傷が付く』という言い方をする場合もあります。

ブラックリストに登録されてしまうと、クレジットカードや借金などを新たに申し込むことができなくなります。

 

審査を通過する確率を高める方法

クレジットカードの審査

クレジットカードの入会審査を通過する確率を高める方法はいくつか存在します。

【査を通過する確率を高める方法】

・クレヒスを蓄積する
・キャッシング枠を設けない
・審査が厳しくないカードを申し込む
・PR活動に熱心なカードを狙う

 

クレヒスを蓄積する

まず一つ目がクレヒス(クレジットヒストリー)を蓄積する方法です。

この方法は、ゴールドカードやプラチナカードなどの審査基準が厳しいカードを所有したい場合に有効です。

定期的にカード利用をしながらしっかりと支払期日を守ることで、あなた自身の信用が向上して、新しくクレジットカードを作る際に入会審査で有利に働きます。

そのため、ゴールドカードなどのステータス性のあるカードを持ちたい方の中には、最初は年会費無料のクレジットカードでクレヒスを蓄積して、ゴールドカードの入会審査に役立てている方も存在します。

 

キャッシング枠を設けない

クレジットカードの入会申込時にキャッシング枠を設けないようにすることで、審査に通りやすくなります。

大半のクレジットカードは後払い決済だけでなく、キャッシングも利用することができるようになっています。

キャッシングはお金を借りるということなので、入会時にキャッシング枠を設定することで審査担当者に「この利用者はお金に困っているのではないか・・・?」と疑われてしまう恐れがあります。

一般的にクレジットカードの申込みをする方は借金をすることを前提としていないので、キャッシング枠を設けないようにする方が無難です。

もしあなたが借金をしたいと考えているのであれば、クレジットカードではなくカードローンを申し込むか、あるいはクレジットカードの審査を通過してカードを発行してもらった後に、キャッシング枠の申請するようにしましょう。

 

審査が厳しくないカードを申し込む

クレジットカードの審査を通過したいと考えているなら、審査基準が厳しくないカードを狙う方法も効果的です。

具体的には、申込み資格の項目において収入面の条件が記載されていないカードを選びましょう。

収入面の条件が記載されていないカードは、他のカードと比較して審査基準が甘くなっています。

例えば、大半の年会費無料カードは、収入面の条件が記載されていません。

中でも審査基準が甘いカードとして、知られているのはアコムから発行されているACマスターカードです。

審査の基準が通常のカード会社と異なり、独自基準で審査を実施しているので、他のクレジットカードを申し込んで審査に落ちた場合でも、ACマスターカードなら審査を通過する可能性があります。

また、審査時間は最短30分で、さらに最短即日発行も可能なので、急ぎでカードを作りたい方にもおすすめです。

カード券面にはアコムのロゴや文字は記載されていないので、安心して利用することができます。

 

PR活動に熱心なカードを狙う

そして熱心にPR活動を展開しているクレジットカードを申し込むこともおすすめです。

PCやスマホでクレジットカード情報を検索していると、期間限定でキャンペーンを実施しているカードに出会うと思います。

これらのクレジットカードは積極的に会員数を獲得しようとしているので、キャンペーンを実施していない期間と比較して審査を通過する確率がアップする傾向があります。

定期的にキャンペーンを展開しているカードとしては、楽天カードやイオンカード、JCBカード、三井住友VISAカードなどが挙げられます。

キャンペーン期間中はキャッシュバックが受けられたり、ポイントやマイルなどもお得に獲得できるので、ぜひ積極的に申し込んで下さい。