三井住友VISAクラシックカードは社会人におすすめ!主な特徴や作り方を解説

三井住友VISAクラシックカード
社会人におすすめ
【三井住友VISAクラシックカードの主な特徴】

  • 安心・信頼のVISAブランドが使える
  • ワールドプレゼントのポイントが貯まる
  • 最短3営業日にカード発行
  • セキュリティ対策も万全
  • 電子マネーが利用できる

 
【基本スペック】

国際ブランド VISAMasterCard
年会費 1,250円(税別)
発行スピード 最短3営業日にカード発行(ネット申込みの場合)
ポイント付与率 1,000円毎に1pt(ワールドプレゼント)
電子マネー iDWAONPiTaPaVisapayWave

 

【最大10,000円のキャッシュバック】

新規入会&利用で2,000円のキャッシュバック

バーチャルカードの同時入会&利用で1,000円のキャッシュバック

家族カードの同時入会&利用で2,000円のキャッシュバック

「マイ・ペイすリボ」との同時設定・利用で1,000円のキャッシュバック

三井住友カードiDの入会、あるいはApple Payの新規設定・iD利用で1,000円のキャッシュバックなど

※2017年12月28日までの期間限定

 

安心・信頼のVISAブランドが使える

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードは、文字通りVISAブランドが使用できるクレジットカードです。

それぞれのクレジットカードには国際ブランドが付与されています。

具体的にはMasterCardやJCB、VISA、Amex、Dinersなどが挙げられます。

中でもVISAカードは世界200以上の国と地域で利用することができ、さらにクレジットカードの売上高における世界シェアではVISAが約58%獲得して、ナンバーワンを誇っています。(※NILSON REPORTの調査データ 2015年3月)

そのため、三井住友VISAクラシックカードなら国内はもちろん、海外でも安心して使用することができるのです。

「国内だけでなく海外でもクレジットカードを利用したい!」と考えている方におすすめしたい一枚です!

 

ポイントサービス「ワールドプレゼント」が利用できる

ワールドプレゼント

三井住友VISAクラシックカードでは、ポイントサービス「ワールドプレゼント」が利用できる仕組みになっています。

このワールドプレゼントとは、カードの利用金額に応じてポイントが獲得できるサービスのことです。

カードの利用金額1,000円毎に1ptを獲得できます。

 

ポイントUPモール経由でポイントが最大20倍貯まる

お得にポイントを貯めたいと考えているなら、ポイントUPモール経由でショッピングをすることをおすすめします。

ポイントUPモールとは、ワールドプレゼントのポイントがお得に貯まるサービスのことです。

ポイントUPモール

日頃からよく利用する通販サイトでのショッピングや旅行予約などにおいて、ポイントUPモールを経由するだけで、ポイントが通常の2~20倍貯まる仕組みになっています。

ポイントUPモールは多くの企業が出店していて、Amazon(アマゾン)や楽天市場、YAHOO!JAPANショッピング、エクスペディアなどの大手も参加しているので非常に使い勝手が良いです。

 
三井住友VISAクラシックカード

さらに、対象の店舗にエントリーしてからカード利用をすることで、ワールドプレゼントのポイントやキャッシュバックなどの特典を得られるサービスも展開しています。

例えば、大丸百貨店や東急ハンズ、ヴィクトリア、カラオケの鉄人などで特典が受けられます。

三井住友VISAクラシックカード

 

ポイントの確認方法

カード決済で獲得したポイント残高や有効期限は、Vpass(ブイパス)にログインして確認することができます。

獲得したポイントの有効期限はポイント獲得月から2年間となっています。

 

ポイントの交換方法

ポイント

カード利用をして獲得したポイントは、他社のポイントサービスに移行したり、好きな景品と交換することができます。

主なポイント交換方法は下記のとおりです。

(※ポイント交換単位は、200ポイント以上100ポイント単位です)

 

他社ポイントサービスに移行

ANAマイレージクラブや楽天ポイント、Tポイント、ヨドバシカメラゴールドポイントなどに交換できます。

三井住友VISAクラシックカード

 

景品と交換

約200種類以上の景品の中から交換することもできます。

三井住友VISAクラシックカード

 

キャッシュバック・ギフトカードと交換

さらにキャッシュバック(1pt⇒3円)やギフトカード、USJのスタジオパスとの交換も可能です。

三井住友VISAクラシックカード

 

セキュリティ対策も万全

セキュリティ

三井住友VISAクラシックカードならセキュリティ対策も万全です。

 

ICチップを搭載

カード内にICチップが搭載されているため、偽造が困難になるだけでなく不正利用も未然に防ぐことができます。

三井住友VISAクラシックカード

 

カード裏面に顔写真を付けられる

また、カードの裏面に顔写真を付けることも可能です。(※顔写真付きは申込時に選択できます)

顔写真を付けることでさらにセキュリティが向上して、不正利用を防止することができます。

三井住友VISAクラシックカード

 

モニタリング・会員補償制度

24時間365日、いつでもあなたのカードで不審な利用がされていないかを、随時モニタリングしてくれます。

さらに会員補償制度によってカードの紛失・盗難届けがあった日から60日前まで遡り、その日以降の不正利用においては三井住友VISAカード側で補償してくれます。

 

最短3営業日でカード発行

最短3営業日でカード発行

三井住友VISAクラシックカードなら、インターネット申込みを利用するとカード発行までの手続きがスピーディーで、最短3営業日でカード発行をしてくれます。

そして自宅には約1週間でカードが届きます。

引落し口座の設定もネット上で実施できるので、署名や捺印をする手間も省けて手続きが簡単です。

大半のクレジットカードは申込み手続きを済ませてから自宅にカードが届くまで、2~3週間程度の期間を要します。

そのため、急ぎでカードを作りたいと考えている方にもおすすめできるクレジットカードだと言えます。

 

海外旅行傷害保険が付いている

旅行

三井住友VISAクラシックカードでは、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いています。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療費用(1事故の限度額) 50万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,000万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円](1旅行中かつ1年間の限度額) 15万円
救援者費用(1年間の限度額) 100万円

 

海外旅行傷害保険の適用条件

但し、三井住友VISAクラシックカードを所有しているだけでは海外旅行傷害保険は適用されません。

海外旅行傷害保険が適用されるためには、事前に旅費などを三井住友VISAクラシックカードで決済しておく必要があります。

例えば、国内から出国する前に航空機や電車、タクシー、バス、船舶などの公共機関の代金をカード決済した場合。

その他には出国前に旅行のパッケージツアーの代金をカード決済した場合などが該当します。

 

補償を充実させたいならクラシックカードA

より補償を充実させたいなら、クラシックカードAを選択して下さい。

クラシックカードAなら、最高2,500万円の海外旅行傷害保険が利用できるだけでなく、国内旅行においても最高2,500万円の傷害保険が備わります。

年会費が1,500円(税別)と少し高額になりますが、日頃から国内・海外問わず旅行に行く機会が多い方にぜひ利用してもらいたいですね。

 
【海外旅行傷害保険】

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円(自動付帯分:300万円+利用条件分:1,700万円)
傷害・疾病治療費用(1事故の限度額) 100万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,500万円
携行品損害[自己負担:1事故3,000円](1旅行中かつ1年間の限度額) 20万円
救援者費用(1年間の限度額) 150万円

 
【国内旅行傷害保険】

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円(自動付帯分:300万円+利用条件分:1,700万円)

 

電子マネーが利用できる

電子マネー

三井住友VISAクラシックカードでは、iDやWAON、PiTaPa、Visa payWaveなどの電子マネーが利用できます。

電子マネーに対応している店舗や自動販売機でカードをかざすだけで、簡単に支払いを済ませることができます。

クレジットカードに紐付けされるので、事前のチャージやサインも不要です。

もちろん利用金額はクレジットカードの利用分と合算されてポイントが貯まる仕組みになっているので、現金払いよりもお得です。

 

iD

iD

iD(アイディ)はNTTドコモから登場した後払い式の電子マネーです。

ネットショッピングだけでなく、コンビニ(ローソンやセブンイレブンなど)やショッピングモール(イオンやイトーヨーカドーなど)、大手の飲食店、アミューズメント施設などで利用することができます。

 

WAON

WAON

WAON(ワオン)はイオングループから登場したプリペイド式(前払式)の電子マネーです。

三井住友VISAクラシックカードと紐付けることで、事前にチャージすることなく利用することができます。

イオンやVIVRE、マックスバリューなどのイオングループはもちろんですが、それら以外にもファミリーマートやローソン、マクドナルド、コスモ石油、ビックカメラ、コジマなどの数多くの店舗でも利用できます。

 

PiTaPa

PiTaPa

PiTaPa(ピタパ)はスルッとKANSAIから登場した後払い式の電子マネーです。

関西エリアの電車やバス利用時にカードをかざすだけで支払いを済ませて、スムーズな乗り降りが可能になります。

その他にもショッピング、グルメ、レジャー施設での利用もできます。関西エリアの主要店舗において、利用できるケースが多いです。

 

Visa payWave

VisapayWave

Visa payWave(Visaペイウェーブ)とは、対応するVisaカードをレジにあるリーダー機器にかざすだけで支払いが完了するスピーディ一な支払い方法です。

国内だけでなく海外でも、Visa payWave対応マークを表示しているVisa加盟店で、カードをかざすだけでオッケーで、クレジットカード決済のようにサインや暗証番号は不要です。

世界基準のセキュリティ技術を採用していて、安心して使用することができます。

 

Apple Pay(アップルペイ)も利用できる

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードでは、Apple Payにも対応しています。

従来のiDにおける「おサイフケータイ」利用はアンドロイド携帯しか利用できませんでしたが、Apple Payが登場したことでiPhone7からも利用可能となりました。

あなたが所有しているiPhone7やApple Watch Series2に設定することで、「iD」マークのある店舗や自動販売機などで利用できます。

Apple Payを利用する場合は、決済時にiDを利用することを伝えて下さい。

 

年会費を無料にする方法

年会費を無料にする方法

三井住友VISAクラシックカードの年会費は1,250円(税別)に設定されています。

月換算すると100円程度なのでそれほど大きな負担にはなりませんが、年会費を支払いたくないと考えている方は下記の方法を実施してみてください。

実は「マイ・ペイすリボ」登録+クレジットカードのショッピング利用で、翌年度の年会費が無料になります。

 

「マイ・ペイすリボ」とは・・・

マイ・ペイすリボ

「マイ・ペイすリボ」とはリボ払いサービスのことです。

リボ払いは支払い方法の一種で、毎月の支払金額を一定額に設定することができます。

例えば、月間3万円のカード利用をしたとして、リボ払いで毎月1万円の設定にしておくと毎月の請求額は1万円となり、残りの2万円は来月以降に繰り越されます。

 

マイ・ペイすリボの注意点

毎月一定額の支払いで済むので支払いが楽になるというメリットがあるのですが、リボ払いを利用すると手数料が加算される仕組みになっています。

リボ払いの手数料は15.0%と結構高く設定されているので、手数料が膨れあがって支払総額も増加するというデメリットがあります。

そのため、基本的にはクレジットカードの支払い方法でリボ払いを選択することはおすすめしません。

 

毎月の支払金額を利用限度額の上限まで引き上げる

では一体どうすればよいのかというと、リボ払いの毎月の支払金額を利用限度額の上限まで引き上げるようにしてください。

「マイ・ペイすリボ」では、自由に毎月の支払金額を設定することができます。

例えば、あなたの利用限度額が30万円に設定されている場合は、リボ払いの支払金額も同様に30万円に設定しましょう。

そうすることで、実質一括払いと同じ支払い方法となり、手数料が発生しません。

一手間かかりますが、年会費無料で三井住友VISAクラシックカードを利用することが可能になります。

定期的にカード利用をすることで利用限度額が引き上げられることもあるので、利用限度額が引き上げられた場合はリボ払いの支払金額も調整するようにしてください。

 

三井住友VISAクラシックカードをおすすめできる方

おすすめ
メインカードを探している方

社会人の方におすすめ

海外でも利用したい方

 

メインカードを探している方

三井住友VISAクラシックカードは、クレジットカード利用で欠かせない基本的なサービスがしっかりと詰ま込まれているバランスの良いカードです。

また、カード券面にICチップを搭載していてセキュリティ対策も万全です。

そのため、メインカードを探している方にとっては、三井住友VISAクラシックカードはおすすめの1枚だと言えます。

 

社会人の方におすすめ

最近は年会費無料のクレジットカードも数多く登場していますが、社会人として年会費無料のカードを利用することに抵抗を感じる方も多いです。

その点、三井住友VISAクラシックカードならステータス性がありながら、手頃な年会費で利用できるのが嬉しいですね。

アメックスやダイナーズクラブカードなどと比較すると見劣りしますが、三井住友VISAクラシックカードを人前で使用しても恥ずかしくありません。

 

海外でも利用したい方

VISAカードは世界各地で利用できる国際ブランドなので、国内だけでなく海外でも重宝します。

旅行傷害保険が少し物足りないですが、保険内容を充実させたい場合は、クラシックカードAを選択することで十分に対応できます。

仕事やバカンスで海外に行く機会が多い方でも不自由なく快適にカード利用ができておすすめです。

 

三井住友VISAクラシックカードの作り方

申込み

三井住友VISAクラシックカードはPCやスマホから簡単に申込み手続きが実施できます。

公式サイト内に設置されている申込みフォームにアクセスして、必要事項を入力して下さい。

【必要事項項目】

氏名や生年月日、性別、メールアドレス、住所、電話番号、勤務状況、利用代金支払い口座などの情報を入力します。

 

入会審査

申込みフォームで入力した情報に基づいて、入会審査が実施されます。

入会資格は「満18歳以上の方(高校生は除く)」と明記されています。

「安定した収入のある方」という文言は記載されていないので、一般企業に勤務している社会人だけでなく、アルバイトやパートタイマーとして勤務している方でも審査を通過する可能性があります

また、クレジットヒストリー(カードの利用実績)において、支払い遅延などのキズが付いていなければ、審査に通過する可能性が高くなります。

 

本人確認・在籍確認

審査の一環として、本人確認・在籍確認が実施されます。

本人確認とは、あなたが本当にカードを利用する意思があるかどうかを確認する手続きです。

一方の在籍確認は、あなたが入力した勤務先で本当に在籍しているかどうかを確認する手続きです。

これらの確認手続きは簡単なものなので、それほど心配する必要はありません。

また、既に他のクレジットカードを作っていて勤務先の変更がない場合は、在籍確認が省略されるケースもあります。

 

審査結果

所定の審査が終わり次第、入会審査の結果をメールで送信してもらえます。

無事に審査を通過すると、カードが発行されます。

申込みからカード発行まで最短3営業日で完了します。

 

カードの郵送

簡易書留で自宅に三井住友VISAクラシックカードが郵送されます。

申込みからカードが手元に届く前で、大体1週間程度となっています。

 

【最大10,000円のキャッシュバック】

新規入会&利用で2,000円のキャッシュバック

バーチャルカードの同時入会&利用で1,000円のキャッシュバック

家族カードの同時入会&利用で2,000円のキャッシュバック

「マイ・ペイすリボ」との同時設定・利用で1,000円のキャッシュバック

三井住友カードiDの入会、あるいはApple Payの新規設定・iD利用で1,000円のキャッシュバックなど

※2017年12月28日までの期間限定