「ビュー・スイカ」カードはSuicaユーザーにおすすめ!メリットや作り方を解説

「ビュー・スイカ」カード
社会人におすすめ
【「ビュー・スイカ」カードの主な特徴】

  • Suica、定期券、クレジットカードが1枚に集約
  • Suicaのオートチャージができる
  • 年会費は477円+税
  • 貯まったポイントはSuicaに交換できる
  • 電子マネーやアップルペイも利用できる

 
【基本スペック】

国際ブランド VISAJCBMasterCard
年会費 477円(税別)
発行スピード 申込みから約1週間でカード到着
ポイント付与率 1,000円毎に2pt(ビューサンクスポイント)
電子マネー SuicaモバイルSuica

 

Suica、定期券、クレジットカードが1枚に集約

「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードの最大の特徴は、Suica、定期券、クレジットカードが1枚に集約されている点です。

例えば、通勤時に使用する定期券や自動販売機でジュースを購入する際にはSuica、そして買い物時にクレジットカードを使用している場合において、これら全ての支払いを「ビュー・スイカ」カード1枚で済ませることが可能になります。

日頃使用しているこれら3枚のカードが1枚にまとめられることで、サイフがスリム化できるだけでなく、決済がスムーズになり快適な生活を送ることができます。

 

Suicaのオートチャージ機能が便利

「ビュー・スイカ」カード

Suicaとは、鉄道やバス、買い物などで利用できるJR東日本から発行されているICカードのことです。

通常のSuicaはプリペイド式なので、あらかじめチャージをしておかなければ使用することができません。

「ビュー・スイカ」カードなら、クレジット機能によって後払いにすることができるので、Suicaの残高が設定金額以下になると、改札入場時に自動的に設定金額をチャージしてくれます。

そのため、入金不要によるオートチャージが可能となり、入金不足を気にする必要がなくなります。

首都圏や仙台・新潟エリアのSuicaエリアだけでなく、首都圏の私鉄や地下鉄のPASMOエリアにおいてもオートチャージが可能です。

Suicaのオートチャージ機能を利用することで、残高不足によって改札口で止められて恥ずかしい思いをすることがなくなります(笑)

 

【Suicaの利用範囲】

  • 鉄道・バス利用
  • 北海道から九州まで(Kitaca、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、icsca、odecaの各エリア)

  • 買い物利用
  • Suicaマーク、PASMOマーク、TOICAマーク、Kitacaマーク、manacaマーク、ICOCAマーク、PiTaPaマーク、SUGOCAマーク、nimocaマーク、はやかけんマークが表示されている店舗

    イオン(関東・甲信越・東北・中部エリア)、イトーヨーカドー(関東・甲信越・東北エリア)、サミット、ピーコックストア(首都圏)、まいぱすけっと(東京・神奈川)、ピアゴ(東京・神奈川)、いなげや(都内8店舗)、コープ(首都圏27店舗)

 

どんどんポイントが貯まる

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードを利用することで、ビューサンクスポイントが貯まります。

買い物や食事、公共料金の支払い時にカード決済をすると、1,000円につき2pt(5円相当)が貯まる仕組みになっています。

さらには普段の通勤や電車利用でもポイントを獲得できます。

 

定期券購入やチャージならポイント3倍

「ビュー・スイカ」カード

切符や定期券を購入したり、Suica機能にチャージ、もしくはオートチャージをすると、ポイントが3倍(1,000円につき6pt)貯まって大変お得です。

【VIEWプラス(ポイント3倍)対象商品】

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券(※)
  • JR東日本国内ツアー
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、Suicaアプリケーション

(※ JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機で購入した場合のみ)

 

Web明細に切り替えると年間600円相当のポイントが貯まる

VIEW's NET

毎月の利用明細は郵送されますが、その郵送を廃止してWeb明細サービスに切り替えると、利用明細書が発行される度に20pt(50円相当)が貰えます。

つまり年間で計算すると、20pt×12ヶ月=240pt(600円相当)のポイントが貯まります。

カード会社側にとっては郵送コストが削減できるメリットがありますが、私たち利用者側にもメリットがあります。

上述しているようにポイントが貰えたり、紙の利用明細よりも早く確認できたり、利用明細書を処分する手間が省けます。

利用明細の内容は、Web明細ポイントサービス『VIEW’s NET』にログインすることで確認することができます。

また、ゴミとして廃棄する際に個人情報が漏洩する心配もなくなります。

紙面で保管したい場合はプリントアウトできるので、安心してください。

 

ENEOSなどの利用でポイント2倍

ENEOS

「ビュー・スイカ」カードではENEOSなどの特約店でカード決済をすることでポイントが2倍貯まります。

例えば、ENEOSサービスステーションの利用や、ENEOSでんきの電気料金を支払う際にカード決済すると、利用金額1,000円につき4ptのビューサンクスポイントが貯まります。

 

利用金額に応じてボーナスポイントが貰える

「ビュー・スイカ」カードを利用して、買い物や食事、公共料金の支払いをすると、通常のビューサンクスポイントに加えて、年間の利用累計金額に応じてボーナスポイントが貰えます。

「ビュー・スイカ」カード
利用累計金額 ボーナスポイント
30万円以上 +100pt
70万円以上 +400pt
100万円以上 +600pt
150万円以上 +1,000pt

 
ボーナスポイントが加算される最低条件は、年間30万円以上となっています。

そのため、毎月3万円弱をカード利用しなければ、ボーナスポイントは貰えません。

一見難しいように感じますが、定期券などを「ビュー・スイカ」カードでチャージしたり、携帯電話料金や電気・ガスなどの公共料金の支払いなどで利用しているのであれば、簡単にクリアすることができると思います。

 

ポイントの使い方

ポイント

「ビュー・スイカ」カードを利用した貯まったポイントの使い途はさまざまです。

 

Suica(電子マネー)に交換

「ビュー・スイカ」カード

一番利用されている交換方法がSuicaへの交換ですね。

Suicaに交換することで、通勤電車やコンビニ、自動販売機で利用することができます。

気になる交換レートですが、1ptあたり2.5円相当のSuicaと交換することができます。(※Suicaへの交換は400ptから可能)

交換できる上限は20,000円までとなっています。

Suicaに残っている金額と合わせて20,000円を超える場合は、交換できない点を注意して下さい。

 

商品やグッズと交換

「ビュー・スイカ」カード

Suicaのペンギングッズやレールウェイグッズなど、様々な商品とも交換できます。

その他にも取り寄せグルメや酒類、ドリンク、キッチングッズ、リビンググッズ、ヘルス・ライフケアグッズ、ビューティ・バスグッズ、商品券など、さまざまなジャンルの商品が用意されています。

商品やグッズによって交換できるポイント数は異なります。

気になる商品を見つけてポイントと交換するのも楽しいですよ!

 

提携ポイントと交換

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードだけでなく、ビックカメラSuicaカードやJALカードSuicaを所有している方は、ビックポイントやJMBマイルとポイント交換をすることができます。

<ポイント交換レート>

【ビックポイントへの交換】
ビューサンクスポイント400ptからビックポイント1,000ptに交換できます。

【JMBマイルへの交換】
ビューサンクスポイントからJMBマイルに交換できます。

「JALカードショッピングマイル・プレミアム」ビューサンクスポイント600pt⇒1000マイル

「JALカードショッピングマイル」ビューサンクスポイント600pt⇒500マイル

 

年会費は477円(税別)

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カードの年会費は477円(税別)で設定されています。

500円程度なので、それほど大きな金額ではないですが、できれば年会費を支払いたくないという方もいます。

 

Web明細サービスの利用で年会費がペイできる

「ビュー・スイカ」カード

そのような方は利用代金明細書をWebに切り替えることをおすすめします。

上述しているとおり、Web明細サービスを利用することで毎月20pt(50円相当)が貯まる仕組みになっていて、年間を通じて240pt(600円相当)が貯まります。

つまりWeb明細に切り替えることで、実質的に年会費をペイすることが可能になるのです。

獲得したビューサンクスポイントは400ptからSuicaに交換できるので、電車利用やコンビニ利用時に活用できて非常に便利です。

 

旅行傷害保険も充実しています

旅行

「ビュー・スイカ」カードには、国内・海外の両方の旅行傷害保険が備わっています。

国内旅行傷害保険では、きっぷや旅行商品(パッケージツアーなど)をカード決済することで、電車の改札口を通過してから出るまでの間、保険が適用されます。

一方の海外旅行傷害保険は自動付帯となっているので、海外旅行に出かける際は無条件で保険が適用されます。

【国内旅行傷害保険】

担保内容 保険金額
死亡・後遺障害 最高1,000万円
入院 3,000円/日
手術 入院保険金日額の10倍または5倍
通院 2,000円/日

 
【海外旅行傷害保険】

担保内容 保険金額
死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 50万円程度
疾病治療費用 50万円程度

 

モバイルSuicaの年会費が当面無料

モバイルSuica

「ビュー・スイカ」カードでモバイルSucaに登録すると、モバイルSucaの年会費が当面無料になります。

通常は年会費1,030円(税込)が発生するので非常にお得です。

モバイルSuicaに登録することで、スマホなどの携帯情報端末から定期券の購入やオートチャージも可能になります。

Suicaカードを持ち歩く必要がなくなり、スマホだけで電車に乗ったり買い物ができるため、従来のSuicaカードよりも格段に利便性がアップします。

 

カードを紛失した場合も安心です

セキュリティ

Suicaや定期券などが利用できるクレジットカードを所有する際に気になるのが、カードを紛失した場合です。

1枚のカードのさまざまな機能が搭載されているので、そのカードを紛失した場合の危険性がより大きくなります。

その点に関しては安心して下さい。

 

60日以内に不正使用された金額をカード会社側で負担

万が一「ビュー・スイカ」カードを紛失したとしても、クレジットカードの補償だけでなく、定期券分とSuicaへの入金残高までしっかりと補償してくれます。

カードを紛失して第三者に不正使用された場合は、あなたから紛失・盗難の連絡をした日の前日から起算して、60日以内に不正使用された金額をカード会社側で負担してくれます。

60日間も猶予があるので、毎月利用明細を確認していれば、万が一不正使用されたとしても補償してもらえるので安心です。

 

アップルペイも使える

アップルペイ

「ビュー・スイカ」カードではApple Pay(アップルペイ)も利用することができます。

今まではおサイフケータイ機能が搭載された、Android携帯(スマホなど)でしか電子マネーが使えませんでした。

しかしアップルペイが登場したことで、iPhone7やWatch Series2でも電子マネーが利用できるようになり、さらに利便性が高まりました。

iPhone7のWalletアプリケーションにSuicaを登録することで、いつでもどこでもチャージできます。

もちろん「ビュー・スイカ」カードにチャージすることでポイントが3倍付与されます。

【アップルペイが利用できる店舗】

全国各地に存在するQUICPay加盟店において、アップルペイによる支払ができます。

 

「ビュー・スイカ」カードをおすすめできる方

おすすめ
Suicaユーザーの方

JR東日本の電車で通勤している方

財布に入っているカードを減らしたい方

 

Suicaユーザーの方

「ビュー・スイカ」カードは、日頃からSuicaカードを利用している方に使ってもらいたいクレジットカードです。

従来のSuicaカードはプリペイド式で、残金が少なくなる度にチャージ(入金)をする必要がありました。

しかしこの「ビュー・スイカ」カードでは、Suicaにオートチャージすることができるので、残金を気にすることなく快適に利用することができます。

また、カード利用で貯まったビューサンクスポイントはSuicaに交換することもできます。

 

JR東日本の電車で通勤している方

「ビュー・スイカ」カードはJR東日本の電車で通勤している方にもおすすめです。

カードに定期券情報の書き込みができるだけでなく、定期券を購入することでポイントが3倍になるので、どんどんポイントを貯めることができます。

もしあなたがJR東日本を利用して通勤しているのであれば、「ビュー・スイカ」カードの利用を検討してみて下さい。

 

財布に入っているカードを減らしたい方

「ビュー・スイカ」カードはクレジットカードとSuica、定期券の3つの機能を1枚のカードにまとめることができます。

そのため、財布に入れるカード枚数を減らすことができるので、スマートに持ち運ぶことができてとっても便利です。

さらにモバイルSuicaを利用することで、スマホなどのおサイフケータイで支払ができるため、カード自体を持ち歩く必要もなくなります。

 

「ビュー・スイカ」カードの作り方

申込み

「ビュー・スイカ」カードはインターネットから簡単に申し込むことができます。

公式サイト内に設置されている申込みフォームから手続きができます。

支払口座を設定する必要があるので、事前にキャッシュカードや通帳を用意しておいて下さい。

会員規約・特約および個人情報の取扱いに関する重要事項に同意をした上で、必要事項を入力します。

 

審査

申込みフォームに入力した情報に基づいて、所定の審査が実施されます。

クレジットカードの入会手続きで気になるのが審査基準です。

「ビュー・スイカ」カードは交通系カードということで、一般的にはスーパーやコンビニなどから発行しているクレジットカードよりも審査が厳しい傾向があります。

しかし、入会条件の項目では「日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方」となっていて、収入面に関しては記載されていません。

また、有効会員数も486万人(2016年3月末時点)も存在していて、多くの方々がカードを所有しています。

これらの点から考えると、他の交通系カードよりも審査基準はそれほど厳しくはないと推測できます。

 

カードの発行

無事に審査を通過すると、カードが発行されます。

申込みから約1週間くらいでカードが自宅に届きます。(※郵送申込みの場合は約2週間かかります)

本人限定受取郵便で届くので、本人確認ができる書類(運転免許証や健康保険証など)を用意しておいて下さい。